【初心者向け】金貨の豆知識。金貨について学んで高値買取!

金貨が高いものというのは分かるけど、詳しく分からない。これから収集を始める人も、家にあった金貨を売りたい人も、まずはこちらで金貨についての知識を軽く頭に入れておくといいと思います。売買で損をしないためにもまずは金貨についての基礎を知っておきましょう。

「記念金貨(収集型金貨)」と「地金型金貨」の買取価格の違いについて

※下記は一般的な分類であり種類ではありません。ちなみに現在まで金貨の種類は20万種類あると言われています。

モダン金貨の分類は大きく分けて地金型と収集型の二つ

金貨とは、金を素材として作られた貨幣の事です。金は希少性があって偽造にコストがかかることや、日常的な環境では錆びたり腐食しないことなどの理由から、世界各地で貨幣の材料として製造使用されてきました。

金貨は金という物質そのものと経済を連動させる金本位制に発展します。この金本位制は1816年にイギリスで世界で初めて確立されました。
金本位制が崩れた現在は、法定の平価に相当する額面価値分の金を含有した本位金貨は発行されていません。

では、今発行されている金貨はどういうものなのか。
金が高騰し、金貨という言葉を耳にする機会も増えてきていますが、いま発行されている金貨について知らない方も多いかと思います。
現在発行されている金貨は、日本人に馴染み深い収集型金貨と地金型金貨のいずれかに分類できます。

地金型金貨とはどんな金貨なのか

金貨の多くは投資目的で発行される地金型金貨です。地金型金貨の額面は金としての価値より極めて低く設定されて、発行時の地金価格に、製造・流通コストなどのプレミアムと呼ばれる諸経費が上乗せされて販売されます。

買取価格は基本的に地金価格がメインです。金相場を見ていれば買取価格もおおよそ判別できます。また、買取時に瑕疵がなく再販可能な状態であれば、プレミアム分も含めて買い取ります。もし再販できない状態でも地金価格で買い取ることは可能です。
希少性などが考慮されることはほぼありません。

鋳造は各国政府(造幣局)などが行っており、重量や品位に関しては各国の政府に保証されています。地金型金貨はメイプルリーフ金貨などが代表格です。メイプルリーフ金貨は世界一の流通量を誇ります。
オーストラリアのカンガルー金貨などのように、種類によっては毎年デザインを変えるなど、思わず集めたくなるような収集型のような要素を持った金貨もあります。

ナポレオン金貨やソブリン金貨など、19世紀ヨーロッパの金本位制時代に流通していたアンティーク金貨も、地金型金貨に含める場合があります。
これらのアンティーク金貨は一部希少価値が高いコインもありますが、基本的に大量に現存している為、希少価値や歴史的価値は低くなります。

代表的な地金型金貨

メイプルリーフ金貨.9999カナダ
ウィーン金貨.9999オーストリア
イーグル金貨.9167アメリカ合衆国
バッファロー金貨.9999アメリカ合衆国
パンダ金貨.999中華人民共和国
カンガルー金貨 ※別名ナゲット金貨.9999オーストラリア
ブリタニア金貨.917イギリス
クルーガーランド金貨.917南アフリカ共和国

「地金型金貨」として発行された金貨には上記のようなものがあります。
中でも99.99%以上(純金)の金貨は人気が高いです。(発行国・保証品位)

外国の金貨の価格を専門サイトでチェック

収集型金貨とはどんな金貨なのか

記念金貨とは国家的な行事において発行される記念貨幣のうち、金を素材とする金貨のことを記念金貨と言います。流通を目的としない収集家向けの金貨です。現在、記念金貨はどれも補助貨幣であり、多くの場合は収集型金貨として発行されています。金本位貨幣とは異なり標記額面と実質価値に差があるため限定の通用力のみになります。

記念金貨は数量限定で、基本的に金地金の価格と額面を大きく超える高価格で発売されます。額面は金地金の価格より低く設定される場合が殆どで、市場における取引価格は収集家、あるいは貨幣商の間の市場価格により決定されます。
ですが日本の記念金貨の場合は価格に反映されるほどの希少価値が無いことが多く、基本的にはほぼ地金価値での買取となっております。

オリンピックなど国家の行事を記念して発売されることが多く、コレクションや稀少性に対する付加価値の増大への期待によって購入される事から記念金貨と呼ばれています。
世界的見地から記念金貨の発行が起こるのは、国王の即位戴冠、婚儀、長期在位などの王室の慶事、またオリンピック、サッカーワールドカップ、万国博覧会などの世界的なイベントの場合がほとんどですが、単なる歴史上の事柄の周年記念においても記念金貨が発行されることがあります。

日本でも上記と同様な考え方で記念金貨が発行されています。昭和天皇の御在位60年記念で初めて記念金貨が発行されて以来、皇室の記念事項以外での記念金貨発行は、オリンピック、サッカーワールドカップ、万国博のみです。

日本の記念金貨の代表的な金貨は二つ。

天皇陛下御即位記念10万円金貨.9999
皇太子殿下御成婚記念5万円金貨.9999

これら二つは、日本の記念金貨では買取数が最も多い金貨です。

天皇陛下御即位記念10万円金貨の価格を専門サイトでチェック

皇太子殿下御成婚記念5万円金貨の価格を専門サイトでチェック

滅多にないちょっと特殊な金貨

通貨型金貨と分類される金貨は、金融機関において額面で両替により発売されます。例えば、1986年に「天皇陛下御在位六十年記念硬貨」として、額面10万円の金貨が発行されました。これはメイプルリーフ金貨などとは違い、額面は金地金の価格より高く設定され、額面価格で購入(引き換え)できました。通貨型金貨の発行は世界的に極稀なことです。

日本の金貨と外国の金貨

日本の金貨は「天皇陛下御在位記念10万円金貨」や「皇太子殿下後成婚記念5万円金貨」などの収集型金貨になります。これらの金貨を銀行に持っていくと額面でのみの換金となってしまいます。
ですが、金貨には地金価値があります。金相場や商品にもよりますが、2018年現在は金貨買取業者などで額面以上で買取できます。

外国の金貨で広く普及し知られているのは 「メイプルリーフ金貨(カナダ)」「ウィーン金貨(オーストリア)」「イーグル金貨(アメリカ)」「カンガルー金貨(オーストラリア)」「ブリタニア金貨(イギリス)」「パンダ金貨(中国)」などでしょうか。
上記の金貨はいずれも現行の地金型金貨です。世界的に金貨の信用性や価値が認められているものが多く、市場価格に連動して時価取引されている金貨(地金型金貨)がほとんどです。これらの金貨は世界中何処でも同じような価値で取引されています。

また、近年では「中国金貨」の価値が高く、地金相場以上の価格で取引される収集型金貨も多く存在します。
そのほかの収集型金貨では、アメリカで2009年に発売されたウルトラハイレリーフ金貨がとても価値が高く、現在もかなりの高値で取引されています。

2009年ウルトラハイレリーフ金貨はなぜ高値で取引されるのか

アメリカで2009年のみの発行でわずか114,427枚。その希少性と美しさから流通価格及び人気が圧倒的に高いモダン金貨となります。その2009年当時は外国人は一切購入できず、一家庭一個までという制限まであったほどでした。
元々は1907年に発行されたAugustus Saint Gaudensデザイン金貨の復刻版とみられていますが、鍛造が非常に難しかった為、生産枚数が限られています。
2009年ウルトラハイレリーフ金貨の価値は、2018年現在で数十万円~数百万円程度の価格帯となっています。

2009年ウルトラハイレリーフ金貨の基本情報

発行年2009年
製造アメリカ合衆国造幣局
額面20ドル
素材
含有量1トロイオンス
品位0.9999
直径27mm
重さ31.108g
エッジレターエッジ型「E Pluribus Unum」
付属物木箱、本、証明書

表面には、トーチとオリーブの枝を持った、力強く前進する自由の女神。その背景に太陽の光とアメリカ合衆国議会議事堂が描かれています。
裏面には太陽の光を背に飛ぶ若いワシが描かれています。ちなみに表面の天地をそのままに裏返すと裏面のワシなどは逆さになります。

おもな鑑定機関による2009年ウルトラハイレリーフ金貨のグレード

購入時のままで大切に保管されている方も多いかと思いますし、その状態で売りに出している方もおられます。
ですが、高値で売買するなら国際的第三者鑑定機関でグレーディングした物を購入したほうがよいでしょう。鑑定機関は「NGC」と「PCGS」の物が圧倒的に多数を占めており、この二つの鑑定機関は世界的にかなりの信頼を得ています。
日本のコレクターの方もグレーディングコインを買う方が圧倒的に多いです。

鑑定機関でグレーディングされると特殊なプラスチックケースに格納されて、そのコインの品質が記入されます。

PLと表記されるプルーフライクは、流通用として鋳造されたがプルーフ加工品のように鏡面仕上げ状になっているものという意味です。

FIRST STRIKEと表記されるファーストストライクは、発行日から30日以内に鑑定された初回出荷分のコインとなります。鑑定会社によってEARLY RELEASES(アーリーリリース)など、表記が異なります。

MS(ミントステイト)は流通用コインのことです。隣に表示される数字はグレードを表しており、MS70がウルトラハイレリーフ金貨の最高値となります。
ちなみにウルトラハイレリーフ金貨にはプルーフ加工品がありませんが、プルーフ加工品を表す表記もあり、PF(プルーフ)と表記されます。こちらもPF70が最高値です。

発行されたコインの種類とそのグレード、PLやFS・ERなどが評価されます。
「MS70PL FIRST STRIKE」「MS70PL EARLY RELEASES」などがウルトラハイレリーフ金貨の最高グレードとなります。
その他にもサイン入りなどで価値が変わってきます。

2018年現在は、一時期に比べてウルトラハイレリーフ金貨の価格が下がってきておりますので、収集目的の方はだいぶ購入しやすくなったのではないでしょうか。
2009年ウルトラハイレリーフ金貨をご購入されるなら、予算の都合もあるかと思いますがMS69よりもMS70をおススメします。

2009年ウルトラハイレリーフ金貨の価格を専門サイトでチェック

アンティークコインと希少価値

アンティークという言葉はアメリカの通称関税法で100年を経過したものと定められ、その後に世界貿易機関も同じ基準を採用しましたが、それらはあくまでも関税についての話です。
それ以外の話ではアンティークは骨董品の意味で、その年代に関して明確な定義はありません。主に1900年代前半以前に発行されたコインがアンティークコインと呼ばれています。

それぞれの国が最も素晴らしい金貨を作ろうと競い合い、数世紀に渡って金の鋳造技術は洗練の道をたどりました。
19世紀末および20世紀初頭に鋳造された良質の金貨の多くはコレクターの手に渡ってしまいましたが、現在でもそれらの金貨は入手が可能な状態にあります。

希少なアンティークコイン(金貨)の価値を決める要素は、デザイン、鑑定・グレード、現存数、そしてそのコインの需要です。
実在している希少なコインの現存数は限られており、その希少性は一般市場でどれだけの数が入手可能なのかということに関係してきます。コレクターや投資家が増えるとより需要が高くなり、そのアンティークコインの希少価値も高くなります。枚数の少なさと需要の多さがコインの希少価値をさらに高めることになります。
アンティークコイン市場の最大供給量は減ることはあっても増えることはまずありません。

アンティークコインは古代ギリシャ、ローマ帝国、ビザンツ帝国、ワイマール共和国、ジェノヴァ共和国、フィレンツェ共和国、ラテン帝国などの金貨が多く、なかでも保存状態がよくて、国際的な鑑定機関「PCGS」「NGC」「ANACS」などの鑑定済であるものが比較的高額で取引されています。時には数千万円で取引される金貨もあります。
有名なところではローマ帝国のノミスマ金貨。フィレンツェ共和国のフローリン金貨。ジェノヴァ共和国のジェノヴァ金貨。ヴェネツィア共和国のダカット金貨があります。ダカット金貨は現在も各国で発行(現在は収集用金貨やリストライク金貨の発行)を続けています。

金貨を売る前にチェックするべき事と覚えておく事

今まで大切にコレクションをしてきた金貨。だけど諸事情で手放すことにした。あるいは、金貨がタンスの引き出しの奥から出てきたけどいらないから売りたい。
他にも様々な理由で売却したいことがあるかと思います。大切な金貨を買取店に売ろうと思ったときに知っておくと、査定額が上がるポイント、下げないポイントがあります。

一番大切なのは、金貨の買取価格相場をあらかじめ知っておくことです。
取引が活発なのは当サイトにも挙げているワールドカップやオリンピック、博覧会などのイベント記念に発行された記念金貨や、天皇陛下御即位、御在位、皇太子殿下御成婚などの記念金貨です。これらの記念金貨はコレクターの皆様の需要と供給による市場価格が大きく影響するため、販売価格と現在の価値が異なるものがあります。特に記念金貨は販売金額が高額なため、それを上回る価値を持つ記念金貨はまずないと思っていただいてもよいかと思います。

日本の記念金貨などのモダン金貨は、基本的に地金価値と思っていただいてよいと思います。
例外はありますが、地金で見ていただいてまず間違いはありません。

金貨質量と金相場の価格、現在市場に出回っている枚数など、様々な点から考慮されて金額は上下するので、お手持ちの金貨を事前に現在いくらで取引されているのかを知っておくことが、安く買い取られないコツです。
日々の買取価格をチェックして、高値で手放すことを考えましょう。

金貨のお手入れをしてはいけません

金貨に限らず、その他の記念硬貨でも言えることですが、コインの保存状態の良し悪しで買取査定額が変わります。
もし未開封の状態で記念金貨を保存しているのでしたら、たとえパッケージが傷んだり汚れていても、開封しない方が高価買取につながります。また、配送未開封はその状態を必ず維持しましょう。

アンティーク金貨の場合などで、むき出しの物が蔵や箪笥、机の引き出しから出てきたという場合は、硬貨がとても汚れていると思います。
でも、自分で磨いたり洗ったりお手入れをするのは止めてください。その理由は、記念硬貨などの金や銀は思いのほか柔らかい物質なので、ちょっとした衝撃で傷がついたり変形を起こしたりしてしまいます。また、洗剤などを使用した場合に変色してしまうこともあります。特に付加価値のある硬貨は、傷や変形、変色があると大きく価値が下がってしまうので、独自で汚れを落とそうとせず、そのままの状態で査定に持っていくことが好ましいです。どんなにやさしく扱っても目には見えない傷がたくさんついてしまう場合がありますので、何もしないことをおすすめします。素手で触るのも控えましょう。

金貨買取店選びのポイントとは?損をしないための買取方法

金貨の買取はお店選びが重要です。お店によっては高価買取を全面に打ち出しながら、買取価格を提示していないお店があります。
モダン金貨の多くは地金価格です。貴金属相場は容易に調べがつくため、お店でも相場から基本額を提示することは決して難しくありません。
毎日最新の価格が提示されていないお店や、お問い合わせにてその日の基本買取額を伝えられないお店の場合は、他のお店に行った方がよいかもしれません。

モダン金貨の金貨価値を語る上で金貨の重さは重要の要素の一つです。例えば、同じ10万円金貨であっても20グラムであったり30グラムであったりと重さに違いがあります。このため実際の買取にあたってはそれぞれ買取金額が異なることになります。またその日の金相場のレートによって買取価格が決定しますので、買取額が10万円とならない10万円金貨も時に存在します。
金相場が良い状態であればその額面よりも実際の価値は高くなります。ただし、記念金貨で販売価格を超えるのは非常に難しいです。
メイプルリーフ金貨やイーグル金貨などの地金型金貨の場合は、購入価格を超えて儲けが出るときに売るのが基本です。地金とほぼ変わりありません。

以上のようにお店選びでは、基本買取価格の表示がポイントとなります。ですが、それ以外にも注意すべきことがあります。
それはお店によって買取の際に別途手数料を取る買取店があるということです。
金1グラム当たりの買取価格を計算して納得がいっても、実際に買い取りの精算の際に買取価格から別途手数料を引くお店も存在するようです。
実際に金貨の売却をお考えの場合はホームページやチラシの買取の説明のところで、別途手数料が必要になるのかどうかの記載があるかどうかを確認してください。事前に問い合わせて確認を取ることをおススメします。
モダン金貨の買取は、ブランド品買取とは異なり状態等の要素を考慮することは殆どありません。とくに日本の記念金貨はそうです。
グレーディングコイン、プレミアム金貨の場合はランクなどが買取価格を決めるポイントになりますが、一般的な金貨の買取価格というのは金貨の重さのみで決まります。箱・付属品や重さ品位など金に関する基本的情報以外の説明をし、買取価格を減額しようとするお店は避けた方が良いでしょう。
納得のできる説明ならば問題ありませんが、抽象的な評価での減額などは日本の記念金貨ではほぼありえないので気をつけてください。

金貨の買取なら金貨買取本舗

金貨の歴史について

世界最古の金貨は、紀元前7世紀頃にリディアで作られた鋳造貨幣のエレクトロン貨との説があります。
リディアでは純度の高い金塊を作る鋳造技術がありました。この金貨は砂金を溶かして一定重量の塊にして、刻印を打って作成したものでした。今でいう地金のような、価値基準が重量の金貨です。
その後、紀元前6世紀の中頃にリディア王のクロイソスがエレクトロン貨を廃止して、金貨と銀貨の通貨制度を、世界で初めて用いたと言われています。
1251年フィレンツェのフローリン金貨、1276年ダカット金貨が貿易に利用され、金本位制への道標をつけました。
そして時が経って、1816年のイギリスで金本位制のソブリン金貨が誕生します。
金本位制は、金を国の貨幣の基準として、基礎となる貨幣を金貨にすることが金本位制です。ただ、金貨を大量に流通させるのは難しいので、金地金と交換できる紙幣や、補助貨幣を流通させることが行われました。
その後、世界中に金本位制が広まりましたが、第一次世界大戦や世界大恐慌などで機能不全を起こして、1937年のフランスを最後にすべての国が金本位制を取りやめました。
各国の国内においては金本位制は終わりましたが、国際取引では金の価値を基準とした金為替本位制がつづきました。金1オンス35ドルで交換可能な米ドルが国際通貨となり、各国は米ドルとの固定相場制を採用しました。
1971年、アメリカは金と米ドルの交換停止を宣言。いわゆるニクソン・ショックによって、金貨の存在は貨幣価値としての役目を終えることになります。管理通貨制度へと移行しました。
そして現在、金貨は主に記念物や金取引のみで発行されることになります。

金貨に纏わるスイスの習慣

日本ではあまり聞かない話ですが、世界では結婚や子供の誕生などの人生の節目に金を贈る習慣が数多くあります。
スイスでは生まれたばかりの子供に金貨を握らせると、その子は一生豊かに暮らせるという言い伝えがあり、毎年子供の誕生日には金貨を買うという習慣があります。
その子供が大きくなり結婚するときに「もしも生活に困ることがあればその金貨を売りなさい」という気持ちも込めて買い集めた金貨を贈ります。
金は何十年、何百年経っても価値が無くなることがなく、世界中の何処でも換金ができます。
これから長く続くであろう結婚生活を機に「永遠に変わらないもの」を贈る習慣は、ご先祖様が編み出した人生の知恵なのではと言われています。

金貨の買取りについて

査定手数料は無料ですので、金貨、アンティークコイン買取を検討している方は是非お持ちください。
買取価格表で買取価格の目安を知りたいという方は、当店の金貨買取専門サイトをご利用ください。基本買取額を掲載しております。

金のアヒルは皆様のご来店をお待ちしております。

来店予約サービス

簡単!便利!LINEでリアルタイム査定

社長挨拶

インゴット高価買取中

貴金属高価買取中

高額買取。精選!記念硬貨

両替品の記念硬貨一覧表

遺品買取、生前整理は金のアヒルへ

お問い合わせ

悪質な訪問買取にご注意

豆知識

お役立ちコンテンツ

記念金貨【国内】

記念金貨【外国】

お客様の声

お客様の声

高価買取専門店金のアヒルについて

高価買取専門店金のアヒルは東京都内に渋谷店(買取専門店)・板橋区西台店(買取・販売店)・武蔵野市吉祥寺店(予約専門買取店)・台東区上野御徒町店(予約専門買取店)・新宿区西新宿新宿駅前店(予約専門買取店)をはじめ、千葉県の船橋市内には船橋店(買取専門・郵送買取本店)神奈川県横浜市には横浜駅前店(予約専門買取店)埼玉県さいたま市大宮区には大宮駅前店(予約専門買取店)にて店舗買取を致しております。
また、千葉県、東京都、関東近県の出張買取も致しております。郵送・宅配買取は全国対応です。お気軽にお問合せください。またお待たせしないで店頭査定をうけられる来店予約サービスが便利です。遺品買取生前整理のお買取も行っております。遺品整理士免許保持の鑑定士が査定。出張、査定など手数料は無料です。

宅配買取対応エリア

【関東 ・ 北関東地方】
  • 東京都
  • 千葉県
  • 埼玉県
  • 神奈川県
  • 山梨県
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
【関西地方】
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山
  • 県三重県
  • 滋賀県
  • 京都府
【北海道 ・ 東北地方】
  • 北海道
  • 青森県
  • 宮城県
  • 岩手県
  • 秋田県
  • 福島県
  • 山形県
【北陸 ・ 信越地方】
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 新潟県
【中部地方】
  • 愛知県
  • 長野県
  • 静岡県
  • 岐阜県
【中国 ・ 四国地方】
  • 広島県
  • 山口県
  • 徳島県
  • 愛媛県
  • 香川県
  • 高知県
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 岡山県
【九州 ・ 沖縄地方】
  • 福岡県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 鹿児島県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 沖縄県

宅配買取対応地図

宅配買取

出張買取対応エリア

出張買取対応地図

  • 千葉県
    • 船橋市
    • 千葉市(中央区・緑区・花見川区・稲毛区・若葉区・美浜区)
    • 市川市
    • 習志野市
    • 浦安市
    • 柏市
    • 松戸市
    • 四街道市
    • 八街市
    • 山武市
    • 東金市
    • 大網白里町
    • 袖ケ浦市
    • 大多喜町
    • 木更津市
    • いすみ市
    • 君津市
    • 富津市
    • 館山市
    • 銚子市
    • 我孫子市
    • 流山市
    • 八千代市
    • 鴨川市
    • 印西市
    • 南房総市
    • 匝瑳市
    • 香取市
    • 酒々井町
    • 栄町
    • 神崎町
    • 多古町
    • 東庄町
    • 九十九里町
    • 芝山町
    • 横芝光町
    • 一宮町
    • 睦沢町
    • 白子町
    • 長柄町
    • 長南町
    • 大多喜町
    • 御宿町
    • 鋸南町
    • 他、千葉県全域
  • 東京都
  • 東京都23区
    • 品川区
    • 渋谷区
    • 新宿区
    • 杉並区
    • 足立区
    • 荒川区
    • 板橋区
    • 江戸川区
    • 大田区
    • 葛飾区
    • 豊島区
    • 中野区
    • 練馬区
    • 文京区
    • 港区
    • 目黒区
    • 北区
    • 江東区
    • 墨田区
    • 世田谷区
    • 台東区
    • 中央区
    • 千代田区
  • 東京都市町村
    • 小金井市
    • 国分寺市
    • 小平市
    • 狛江市
    • 昭島市
    • あきる野市
    • 稲城市
    • 青梅市
    • 清瀬市
    • 東久留米市
    • 東村山市
    • 東大和市
    • 日野市
    • 府中市
    • 福生市
    • 町田市
    • 三鷹市
    • 武蔵野市
    • 武蔵村山市
    • 国立市
    • 立川市
    • 多摩市
    • 調布市
    • 西東京市
    • 八王子市
    • 羽村市
  • 埼玉県
    • 川口市
    • 川越市
    • 越谷市
    • さいたま市
    • 朝霞市
    • 戸田市
    • 草加市
    • 和光市
    • その他全域
  • 神奈川県
    • 鎌倉市
    • 川崎市
    • 相模原市
    • 逗子市
    • 茅ヶ崎市
    • 横須賀
    • 横浜市
    • 平塚市
    • 藤沢市
    • 三浦市
    • 葉山町
    • その他全域

その他の出張買取エリアについてはお問い合わせください。

出張買取