天皇陛下10万円金貨の買取価格はいくら?高く売るためのコツ!

日本で流通している貨幣の最高額面といえば、1万円札ですよね。ところが、実は1万円以上の額面を持つ貨幣があることをご存じでしょうか。その貨幣とは、天皇陛下の御即位や御在位を記念してつくられた純金の記念硬貨のことで、俗に「10万円金貨」と呼ばれています。普通のお金として使えるのはもちろん、純金であるため資産的な価値も非常に高い魅力的な一品です。今回は、そんな10万円金貨の基礎情報をはじめ、高く売るためのコツなども徹底解説していきます。

バラエティ豊富な10万円金貨

10万円金貨は、天皇陛下の御代を記念してつくられた品物です。こう聞くと、希少性の高い唯一の品というイメージがありますよね。ところが、実際には10万円金貨は2種類つくられており、しかもそれぞれの種類ごとに複数のパッケージが存在します。意外とバラエティ豊かなラインナップを持っているので、詳しく見ていきましょう。

種類によってさまざまな特徴が!

10万円金貨には、「天皇御即位記念金貨」と「昭和天皇陛下御在位60周年記念金貨」という2種類が存在しています。天皇御即位の10万円金貨は、平成2年4月10日に御即位を祝して発行されました。表には鳳凰、裏には菊の紋章が美しく刻印され、偽造防止のための認証番号が記載されているのが特徴です。 御即位記念金貨は、「プルーフ金貨」と「金貨と白銅貨セット」の2種類に分かれています。プルーフは10万円金貨のみ、白銅貨セットは10万円金貨に額面500円の白銅貨がプラスされたものです。白銅貨は銅とニッケルでつくられているため、金貨と比べるとあまり資産的価値は期待できません。販売価格もそれぞれの貨幣の価値を反映し、プルーフは10万円、白銅貨セットは10万500円でした。 昭和天皇の10万円金貨は、昭和61年と62年に御在位60周年を記念して発行されたものです。表には鳩、裏には天皇家の証である菊の紋章が刻まれています。こちらの金貨は、「金貨(昭和61年版・昭和62年版)」「1万円銀貨」「500円白銅貨」の3種類がつくられました。それぞれ単体で発行されたほか、金銀銅貨がセットになったもの、昭和61年と62年に発行された金貨がセットになったものも発行されています。金貨1枚の販売価格は10万円、金銀銅貨セットは11万500円、金貨2枚がセットになったものは20万円で販売されていました。

ページトップに戻る

額面は同じでも価値が違う?

一般的に、額面が同じ貨幣は価値も同じです。しかし、10万円金貨に限っては、額面が同じでも種類によって価値が大きく変わるケースがあるのです。2種類の10万円金貨がどのように価値が異なるのか、具体的に見ていきましょう。

価値が高いのは「天皇御即位記念金貨」!

同じ10万円の額面を持つ金貨ですが、天皇御即位と昭和天皇在位60年の金貨とでは大きな違いがあります。まず、昭和天皇の金貨は非常に多く販売されたため希少価値が低く、偽物も多く出回っているためあまりプレミアがつきません。しかも、天皇御即位の金貨は約30gあるのに対し、昭和天皇の金貨は約20gと金の質量も少ないのです。たった10gと思うでしょうが、金の相場価格によっては価値に数万円の差が出ることもあるため無視できないポイントになります。 このような理由により、残念ながら昭和天皇御在位60周年記念金貨の価値は低くなってしまうのです。

天皇御即位記念金貨を持っているならチャンス!

天皇御即位の10万円金貨は、もともとの発行数も多くなく、偽造防止用の認証番号もつけられているため希少価値が高いです。それに加え、使用されている金も約30gもあることから、買取価格もぐっと高まります。思わぬ臨時収入になる可能性もあるので、眠らせたままになっている今上天皇の10万円金貨があれば、ぜひ買取に出してみましょう。

ページトップに戻る

金相場にも注目しよう

10万円金貨の買取価格を決めるうえで、必ずチェックしておきたいポイントがあります。それは、ずばり「金相場」。金相場とは何なのか、なぜ金相場が買取価格に影響するのかなど、買取に出す前に知っておきましょう。

金相場と買取価格の関係

金相場とは、金を売買する際に目安となる取引価格のことです。市場に金が多く出回っているときは価値が下がり、逆になれば価値が上がるケースが多いです。それ以外にも、その国の経済状況や社会情勢などによっても金相場は変動するため、毎日毎時相場が変わります。買取店では金相場価格から金1gあたりの買取価格を算出して、金の質量を計算して買取価格が決まります。少しでも高く10万円金貨を買い取ってもらいたいなら、金相場が高い時期を見計らって売ることが大切です。 ちなみに、天皇御即位の10万円金貨は約30gあるため、金買取相場が5千円のときに買取に出せば15万円になります。もし金買取相場が4千円になれば12万円でしか買い取ってもらえないので、3万円も損してしまいます。また、昭和天皇の10万円金貨は20gなので、金買取相場が5千円でも10万円にしかなりません。しかも、金買取相場が4千円になれば買取価格8万円となり、額面割れしてしまいます。同じ額面の10万円金貨なのに、このように買取価格に差が出るのは驚きですよね。天皇御即位の10万円金貨だったとしても、金相場次第で得をするか損をするかが変わるので、注意深く相場をチェックしておきましょう。

注意!買取価格は金貨の状態によって変わる

ホームページには、10万円金貨の通常買取価格を表示していますが、どんな状態の金貨でもこの価格で買い取れるとは限りません。傷や汚れ、付属品類の欠品など状態によっては買取価格が下がることもあります。買取価格通りに買取価格が確定するわけではないので、買取を決める前に査定依頼や問い合わせをしておくと安心です。

ページトップに戻る

高く売るには「グレーディング」がおすすめ

せっかく手に入れた10万円金貨があるなら、少しでも高く売りたいと思いますよね。そんなときは、手元の金貨を国際的鑑定機関でグレーディングしてもらいましょう。金貨の価値を高められる可能性もあるグレーディングについて、詳しく解説します。

グレーディングのメリット

グレーディングとは、国際的に認められている鑑定機関による「格付け」のことです。適切な手順を経てグレーディングされたコインは、真贋はもちろん、コインとしての状態まで証明されたことを意味します。これにより、客観的な価値が判断しやすくなるだけでなく、鑑定機関によるお墨付きを得られたことになるため、通常品よりも価値が高くなりやすいのです。
手持ちの10万円金貨の価値がよくわからない、箔をつけたいという場合は、鑑定機関に依頼してみましょう。この場合、豊富な実績によって多くの貨幣愛好家から信頼を集める機関を選ぶのがポイントです。

グレーディングすると数万円アップの可能性も!

グレーディングされるということは、プロによる鑑定が済んだ本物だという証です。このため、グレーディングされているだけで数万円も買取価格がアップするケースもあります。もちろん、10万円金貨の状態によっては確実にアップするとは限りませんが、可能性はかなり高まります。買取価格がアップすれば、昭和天皇御在位60周年記念金貨も価値が高まり、買い取ってもらえる可能性もあるのです。

ページトップに戻る

要注意!高く売るためのコツ

少しでも高く売ろうとして、10万円金貨にいろいろと手を加えてしまう人もいます。しかし、古銭は発行されたときの状態に近いほど価値が上がるもの。手を加えれば、逆に価値を損なってしまうおそれもあるのです。そんな悲しい事態を避けるために、やってはいけないことや高く売るためのコツを覚えておきましょう。

無理に手入れをしない

保管状態によっては、10万円金貨がくすんだり汚れたりしてしまうケースもあります。中古品売買の場合、品物を高く売るためには掃除をしてきれいな状態にしておくことが欠かせません。10万円金貨も同じように掃除をしたくなりますが、それはやめましょう。磨いたり洗浄したりすると、逆に10万円金貨の状態を悪くする可能性もあります。いっそ、何もしないほうが価値が高かったというケースもありえるので、保管していた状態のまま買取に出すようにしましょう。

売り時の見極めが大事!金相場を必ず確認

金の買取価格は、相場に左右される部分が大きいです。せっかく希少な金貨を持っていても、金相場が低いときに売れば損をしてしまいます。少しでも高く売るためには、相場をしっかりと見極めることが大切なのです。ただ、金相場がどう動くかは誰にもわかりません。 自分では今がピークと思って買取に出しても、その後も上昇し続けて悔しい思いをする可能性もあります。逆に、上昇するだろうと見込んで売らずにいたのに、どんどん相場が下降して売るに売れなくなるケースもあります。このように、金相場の動向によって10万円金貨の買取価格が大きく変わるので、相場の動向はこまめに確認しておきましょう。

ページトップに戻る

記念硬貨や金貨、古銭などの貨幣・古紙幣の買い取りは、金のアヒルの貨幣買取専門サイトの金貨買取本舗でも同じサービスをご利用いただけます。金貨買取本舗では基本買取額の掲載も行っております。

金貨買取本舗

金貨買取本舗で価格をチェック

記念硬貨・金貨の買取品目一覧