パンダ金貨の価格は?買取相場が決まる条件と売却時の注意点

パンダのイラストが書かれたパンダ金貨。所有しているけれど、いつ売ったらいいのか、どこに買取に出したらいいのか悩んでいませんか?できることなら、なるべく高値で買取に出ししたいですよね。今回はパンダ金貨の買取価格の相場が知りたい、そんな方向けに、パンダ金貨の買取価格相場と売却時の注意点を解説していきます。

パンダ金貨とは?中国で発行されている地金型の貨幣!

パンダ金貨とは、中国で毎年発行される金貨です。1982年から発行されています。表はジャイアントパンダ、裏は1988年にユネスコの世界遺産として登録された、北京の天壇のデザインが浮き彫られています。パンダ金貨は中国語で熊猫金幣と呼ばれています。

パンダのデザインは毎年変わるので、地金型金貨ですが世界中のコレクターに人気があります。特に1980~1990年初期頃に発行されたパンダ金貨は人気があり、高額で取引されることもあります。

金貨の種類は質量で大別して5種類あります。24金の地金型金貨で、1オンス、1/2オンス、1/4オンス、1/10オンス、1/20オンスとあります。このほかにも特別に発行される質量の金貨もありますが、多くはこの5種類です。

地金型金貨とは、投資用の金貨のことを指します。通常の地金に比べて安く購入できるということがメリットです。予算に合わせてサイズを選べることも地金型金貨の魅力です。地金と同じく99.9%以上の純金製です。

ページトップに戻る

パンダ金貨の買取相場は地金としての価値が重要

パンダ金貨の相場が決まる条件の1つ目として、地金としての価値があげられます。パンダ金貨は地金型金貨のため、収集用の記念金貨と違って希少性を考慮せず、使われている金自体に価値があるものとなっています。

地金型金貨は投資用として取引ができるため、金の価格によって、金貨の相場も変わってきます。パンダ金貨は純金ですが、保証純度は99.9%以上となっております。多くの地金型金貨は99.99%なので、比較的、買取金額が低くなってしまうことがあります。

また、他の地金型金貨と比較した場合、パンダ金貨の流動性は低く、市場での信頼性が低いといわれる一因になっています。

ページトップに戻る

パンダ金貨に希少価値はあるのか?

パンダ金貨の相場が決まる条件の2つ目として、希少価値があげられます。年代によって発行枚数が大きく異なるということと、表面のパンダのデザインは毎年変わるため、地金型金貨でありながら収集型金貨のような側面があり、地金価格以上の高値で取引されることがあります。
ミントステイト(流通用)のほかに、収集用にプルーフ加工されたプルーフコインも発行されているので、コレクターにはプルーフ金貨が人気です。
プルーフコインは表面を鏡のように磨かれ、彫刻部分も浮き出るように加工されたコインです。

パンダは中国の国獣となっており、その愛らしさで世界中の人から人気を集めています。
パンダ金貨の表面に書かれたパンダはとてもかわいく、コレクションとして集める人も多いです。
数が少ないものにはそれだけ人気が集中しますので、高価な取引ができることが多いです。

1982年に発行された1ozパンダ金貨は、1ozパンダ金貨の中では発行枚数が少ないです。そのため希少価値が高くなっています。1982年の1ozパンダ金貨をお持ちの場合、他のパンダ金貨に比べて高値で売ることが期待できます。また1998年のものも全体的に発行枚数が少ないです。
収集用のプルーフ金貨も発行数は少なく、希少性があります。

パンダ金貨の買取価格を専門サイトでチェック

ページトップに戻る

パンダ金貨を高く売るポイントとは?買取は金の相場をチェック!

ここではパンダ金貨を高く売るポイントについて解説していきます。コレクションとして保管している方を除いて、パンダ金貨を所有している多くの人がパンダ金貨を高値で買取に出す方法を模索していることでしょう。保有しているパンダ金貨を売るときには、できるだけ高値で売りたいですよね。それには売る時期が重要になってきます。

パンダ金貨は保証純度が99.9%のため、地金市場では買取価格が低くなりやすいのが現状です。そのため資産として保有し続けるよりは、金相場の高い時期を狙って売却をするのがポイントです。

地金型金貨は金の相場によって、金貨の買取価格が変わってくるので、金相場をよく確認して高値がついているときに買取に出すようにしましょう。

ページトップに戻る

偽物が出回っている?パンダ金貨の注意点

パンダ金貨を売買する際の注意点について説明します。

世界中のコレクターに愛されているパンダ金貨ですが、偽物が出回っていることも事実です。笑ってしまうような、レベルの低い偽物もありますが、中には本物のように見えるパンダ金貨の偽物もあるので、本物との見極めが重要になってきます。

多くの偽物は細かい部分の作りが粗かったり、本物よりも厚みがあったり、もともとはオンス(oz)で表示される重量が違う単位で表示されていたりします。本物を目にする機会がすくなく、見慣れていない人は注意が必要です。

オークションや骨董屋などで購入したパンダ金貨を買取に出したいと思っても、それが偽物だった場合、業者が買い取ってくれることは期待できません。売却を目的に購入する際は、偽物を買わされないように注意することが必要です。

せっかく手にいれたパンダ金貨が偽物だったり、売却しようとしたパンダ金貨が偽物だったりすると、大きな損失です。パンダ金貨の取引をする際はくれぐれも偽物にだまされないよう、注意しましょう。

ページトップに戻る

パンダ金貨の売り方いろいろ!おすすめは記念硬貨の買取業者

パンダ金貨を持っているけれど、どこに行ったら売却できるのか、どこがお得なのか、迷っている方も多いのではないでしょうか。できるだけ高く、安全に売却したいですよね。どんな業者があるかみてみましょう。

パンダ金貨を売るには、質屋、骨董屋、専門買取業者、リサイクルショップ、個人オークションなどいろいろな方法があります。

おすすめなのが、専門買取業者です。パンダ金貨は買取業者によっても、買取査定額に幅が見られます。所有しているパンダ金貨はできるだけ高く売りたいですよね。なるべく高く売ることができるよう、金貨の買取に慣れている業者に査定をお願いすることをおすすめします。

パンダ金貨は希少価値があるものもあり、世界中にコレクターがいることから、個人オークションを通しても高く売れる場合があります。ただ、個人オークションの場合、買取価格に関しての要望や問い合わせは直接対応しなければなりません。また、トラブルに発展する可能性もあります。このため、手間もかからず安全な専門買取業者におねがいするのが良いでしょう。

ページトップに戻る

高く売るために!相場の理解と買取業者選びが重要

パンダ金貨は希少価値があるものもあるため、地金価格以上の高値がつくこともあります。もしパンダ金貨をお持ちで、買取を考えている場合、高く売るためには買取相場の条件についてしっかり理解しておくことが必要です。
市場に売られているパンダ金貨は偽物も多く、偽物のパンダ金貨を購入するといった損をしないためにも、金貨の査定にすぐれた鑑定士がいる業者に依頼することをおすすめします。

買取業者の中でも査定額が異なります。できるなら、なるべく高く売れる買取業者を利用したいですよね。そんな方には当店がおすすめです。
私ども金のアヒルは金貨買取の実績が多数あり、金貨の買取は業界最高レベルを常に意識しています。金貨・貴金属の高価買取をおこなっています。
査定など各種手数料など一切無料なため、現在お持ちのパンダ金貨にどのくらいの価値があるのか、一度査定だけでもしてみてはいかがでしょうか。査定後キャンセルでも、その後こちらから営業などの連絡をすることはありませんので、お気軽に査定をお申し込みください。

いますぐパンダ金貨のネット見積りをする

LINE査定のやり方

ページトップに戻る

記念硬貨や金貨、古銭などの貨幣・古紙幣の買い取りは、金のアヒルの貨幣買取専門サイトの金貨買取本舗でも同じサービスをご利用いただけます。金貨買取本舗では基本買取額の掲載も行っております。

金貨買取本舗

金貨買取本舗で価格をチェック

記念硬貨・金貨の買取品目一覧