1億円越えで落札されるコインも!チャールズ・E・バーバーのコイン!気になる価値は?

米国造幣局の6代目の主任彫刻家を務めた人物チャールズ・E・バーバー。彼のコインにはどのくらいの価値があるのでしょうか?作成した彼の名前をとってバーバーコインと呼ばれるアンティークコインの中には現存枚数が僅か9枚ということから1億以上の価値でオークションで取引された銀貨もあります。彼の功績とコインの価値についてお話をしていきます。

セントゴーデンズを鋳造しやすいようリデザイン!?チャールズ・E・バーバーはどんな人?

ウィキペディア(Wikipedia)より画像引用

そもそもチャールズ・E・バーバーとは一体どのような人物だったのかを確認しておきましょう。チャールズ・E・バーバーは、米国造幣局の6代目の主任彫刻家を務めた人物です。1840年11月16日にロンドンで生まれたバーバーは、1852年に家族と一緒にアメリカに移住します。

チャールズ・E・バーバーの父であるウィリアム・バーバーも5代目米国造幣局の主任彫刻家で、ウィリアム・バーバーが亡くなった後に後を継ぐ形でラザフォードB.ヘイズ大統領に彫刻家として任命されました。

チャールズ・E・バーバーの功績として広く知られているのが、セントゴーデンズのデザインに変更を加えたということです。セントゴーデンズ金貨は、1904年にルーズベルト大統領が美しい金貨を作ろうと彫刻家であるセント・ゴーデンズにデザインを依頼したものです。

1907年にデザインを確定させたものの、セントゴーデンズは鋳造前に亡くなってしまいます。生前に確定させたデザインで鋳造を試みるも当時の技術では難しく実現出来ていなかったのですが、チャールズ・E・バーバーがデザインに変更を加えたことで一般に流通出来るようになったのです。

チャールズ・E・バーバーは、1917年に亡くなるまでキャリアを築き続け、生涯で約30個のメダルや数多くの記念コインをデザインしました。作成したコインは自身のバーバーの名にちなんでバーバーコインと呼ばれています。

ページトップに戻る

チャールズ・E・バーバーのコインはどんな特徴が?代表的なコインは何?

バーバー・ダイムコイン画像

ウィキペディア(Wikipedia)より画像引用 バーバー・ダイム コイン

チャールズ・E・バーバーのコインにはどのような種類や特徴があるのでしょうか。ここでは代表的なコインをピックアップしてご紹介していきます。

フリジア帽をつけた女神の横顔が美しい1894年 バーバー・ダイム

チャールズ・E・バーバーがデザインしたコインで代表的なものが「1894 バーバー・ダイム」です。「1894 バーバー・ダイム」は10セント銀貨で、別名で「バーバーコイン」と呼ばれることもあります。表面には女神の横顔がデザインされており、この女神は月桂樹の花冠にリボンのついたフリジア帽を頭に被っています。

この月桂樹のヘッドバンド部分には「Liberty」と書かれており、裏面には花冠や「ONE DIME」の刻印がデザインされ、10セントだけではなく25セント硬貨や50セント硬貨でも同様のデザインが採用されています。

よこのデザインは元々チャールズ・E・バーバーではなくアメリカの画家によりデザインされる予定でしたが、報酬面などで折り合うことが出来ず一般公募なども行ったものの、満足の行くものが生まれなかったためチャールズ・E・バーバーに白羽の矢が立ったという経緯があります。

バーバー・ダイム銀貨とよばれるものは1892年から1916年まで製造されていましたが、1894のものは極めて現存枚数が少ないため価値の高いアンティーク銀貨となります。サンフランシスコ鋳造局で作成された1894-sダイム銀貨はシカゴで行われたオークションで1億4000万円で落札されました。トーンの美しい10ドル銀貨はコイン収集に熱心な実業家に1億4000万円で落札さてたのです。

星のデザインと裏面のワシが特徴!1892年 50セント銀貨

チャールズ・E・バーバーがデザインしたコインとして代表的なものには「1892 50セント銀貨」もあります。50セント銀貨もバーバー・ダイムと同じようにバーバーコインと呼ばれているものです。この50セント銀貨もバーバー・ダイムと同様に、表面には女神の横顔がデザインされており、月桂樹の花冠を巻いているなど大きさは異なるものの表面デザインだけではなかなか区別をつけることが出来ません。

しかし、裏面に大きな違いがあり、50セント銀貨の裏面はワシがデザインされています。「HALF DOLLAR」の文字と「UNITED STATES OF AMERICA(アメリカ合衆国)」の文字が縁取られ、ワシの上には13個の星がデザインされています。この星は表面の女神の横にも左に6個、右に7個デザインされていますが、この13個は元アメリカの植民地を表す意味合いがあります。

ページトップに戻る

どんな状態が高く売れる?バーバーコインの見た目・簡単ポイントは?

チャールズ・E・バーバーのコインはレプリカも販売されているほどコレクターからの人気が高いコインとなっています。チャールズ・E・バーバーのコインは、表面に描かれている「Liberty」の刻印が価値を大きく左右します。月桂樹の上に書かれている「Liberty」の文字が読めるかどうか、読めるのであればどれだけはっきりと読むことが出来るのかでグレードが変わってくるのです。文字がはっきりと読めるものほど価値は高く、読めなかったり薄くなっていると価値は下がってしまいます。

他にもチャールズ・E・バーバーのコインの価値を左右するポイントはありますが、最も簡単な評価ポイントが表面にある「Liberty」の文字ですから、手元にチャールズ・E・バーバーのコインがあるという方はまず「Liberty」の文字があるかどうかを確認することをおすすめします。はっきりと読み取れるような状態の良いコインであれば、査定してもらう際に高額になることが期待できます。

ページトップに戻る

コインを売るときの注意点は何?アンティークコインは保存状態のままで!

チャールズ・E・バーバーのコインが手元にあり、売りに出そうといった場合には注意しなければならない点がいくつかあります。まず、注意しなければいけない点として挙げられるのが「無理にきれいにしようとしない」ということです。こちらはチャールズ・E・バーバーのコインに限ったことではありませんが、きれいなコインの方が高く売れると思っている方は多いですし、実際に汚いコインよりはきれいなコインの方が高く売れる可能性は高いでしょう。 しかし、きれいにしようと無理にゴシゴシ汚れを落とそうとすると洗剤などによってコインが変色してしまう可能性があるのです。それでは、価値を高めるつもりが逆に価値を落とすことにもなりかねません。そのため、汚れや傷はそのまま保存していた時と同じ状態で買取に出すことをおすすめします。

また、チャールズ・E・バーバーのコインは一般流通していたコインがほとんどですからそういった概念がない場合も多いですが、箱に入っていたり証明書などが購入時に付属していた場合はそれらも一緒に買取に出した方が良いでしょう。場合によってはそれらの付属品によって査定額が変わってくるケースもありますし、保管環境が良かったのだと査定業者に好印象を持たれるケースも少なくありません。

最近では業者ではなく、インターネットオークションサイトやフリマアプリなどを利用して個人間で売買を行うケースも増えています。こういった個人間のやり取りは相場通りの金額で売れるとも限りませんし、タイミングが非常に重要になってきます。また、こういったサービスを利用して落札をされたものの入金されなかったり、きちんと発送したにも関わらず発送方法や梱包に難癖をつけられたり、最悪は届かないなどといったトラブルが生じる可能性もゼロではありません。

アンティークコインを適正な価格で安心して買取をしてもらいたいのであれば、専門の業者に依頼するのが一番間違いありません。

近くに買取をしているお店がないという方もいるかもしれませんが、最近では多くの業者が店舗への持ち込みだけではなく宅配による買取をしていたり、自宅などの指定した場所まで来てくれる出張買取などに対応しています。送料や出張費なども無料で行ってくれるケースも多いので、近場に専門業者がないという場合でもそういったサービスに対応しているところにネットで申し込みをすれば安心して利用できるでしょう。

ページトップに戻る

チャールズ・E・バーバーのコインを売るなら!高価買取専門店金のアヒルへお任せ

如何でしたでしょうか?米国第6代目彫師主任であるチャールズ・E・バーバーのコインが手掛けた金貨についてお話をしました。高価買取専門店金のアヒルではバーバーコインやリバティ金貨やその他のアメリカ金貨を高価買取いたします。

専門サイトでチェック! アメリカ金貨の買取価格はこちら

高価買取専門店金のアヒルでは海外金貨を高価買取いたします。アンティーク金貨もモダン金貨もお任せ下さい。プレミアのつく金貨は買取価格より別途査定価格がアップされます。お持ちの金貨はどれくらいの価格になるのか、価値が気になるかたはぜひ無料査定をご利用下さい。

高価買取専門店金のアヒルではサイト記載のない金貨も査定いたしますのでお気軽にお問合せ下さい。プレミアのつく金貨は買取価格より別途査定価格がアップされます。外国金貨がどれくらいの価格になるのか、価値が気になるかたはぜひ無料査定をご利用下さい。

サイトに掲載のないコインもお買取りします!金貨や古銭の値段はいくらになる?価格だけまず知りたい。そのような場合はフリーダイヤルか無料メール査定をご利用ください。

メールフォームで無料査定

LINEで無料査定

ページトップに戻る

記念硬貨や金貨、古銭などの貨幣・古紙幣の買い取りは、金のアヒルの貨幣買取専門サイトの金貨買取本舗でも同じサービスをご利用いただけます。金貨買取本舗では基本買取額の掲載も行っております。

金貨買取本舗

金貨買取本舗で価格をチェック

記念硬貨・金貨の買取品目一覧