気になる御即位記念10万円金貨の価格と相場推移グラフ

改元が行われ新元号は「令和」となりました。切手や切符など様々な収集記念品などが発売されています。コイン収集では、平成最後の記念として「平成31年銘の貨幣セット」などのミントセットが注目されています。
記念購入としてミントセットを買うのはよいと思うのですが、価値が上がることを期待しているのであれば、たぶん想像するほどの高額買取価格にはならないかと思います。やはり、ある程度の資産として考えた場合は金貨の購入をおススメします。
では、どのような金貨が買取時に高額となるのでしょうか。
日本の記念硬貨の中で高額買取となるものと言えば、最も人気が高く、最も価格が高い「天皇陛下御即位記念の10万円金貨」でしょう。
この金貨の概要と気になる価格についてご紹介します。

平成に発行された天皇陛下御即位記念の10万円金貨とは?

平成31年4月に天皇を退位され、上皇となられた陛下の天皇即位記念に発行された記念金貨が、天皇陛下御即位記念の10万円金貨です。

記念金貨とは記念硬貨のうち、金を素材とする硬貨のことです。

過去には今上陛下がご成婚されたときの皇太子殿下御成婚記念のほか、オリンピックやワールドカップの開催時、東日本大震災の復興事業などで記念金貨が発行されていますが、10万円金貨が発行されたのは2回のみです。

一つは昭和天皇の御在位60年を記念して、昭和61年と昭和62年に発行された10万円金貨。そして、二つ目に発行されたのが今回ご紹介している、上皇陛下の天皇陛下御即位を記念して発行された10万円金貨です。

10万円金貨は日本で発行された最高額面の貨幣です。

素材は純金で質量は30g。発行枚数は200万枚です。

御即位記念の表面には吉祥の兆しである鳳凰と瑞雲が描かれ、裏面には皇室の象徴である菊の御紋。その周りに、上皇陛下のお印の桐と、唐草が描かれています。
その美しい図柄は海外のコレクターにも注目されるなど、高い芸術性も兼ね備えています。

この金貨のミントステイト(流通用)は、偽造防止が施された透明なフィルムに密封されており、個別番号が記されています。このパッケージはブリスターパックと呼ばれています。
ほかに、ミントステイトの金貨と500円白銅貨がセットになったものと、コレクター向けに特殊加工が施されているプルーフ金貨が造幣局より販売されました。

一口にプルーフ加工といってもその手法、作業工程など各国で異なります。日本のプルーフ加工は表面を鏡のように磨いて、模様をより鮮明に浮き立たせるために複数回プレスします。

天皇陛下御即位記念10万円金貨の買取価格を専門サイトでチェック

ページトップに戻る

記念硬貨の金貨はどのように価値価格を査定評価するのか

天皇陛下御即位記念10万円金貨などの、記念金貨の価値はどのように評価されるのか説明します。

記念金貨には大きく2種類の価値があり、金としての価値と、コイン収集としての価値です。

金は昔から資産として人々に利用されてきました。現在でも世界中で取引されており、その需要と供給によって金価格は常に変動します。
もちろん金が素材である金貨の価値も、金の価格に連動して毎日変わります。
例えば、天皇陛下御即位記念10万円金貨が発売された平成2年(1990年)は、金価格は年間平均約2,000円ぐらいでした。それが2013年には最高5000円以上まで上昇し、今でも平均4000円台という高価格で推移しています。
御即位記念10万円金貨の発行当時から現在までで2倍以上に高騰しています。

金の価格は1グラムあたりで表示され、金貨の質量が大きいほど価値も高くなります。
天皇陛下御即位記念10万円金貨の質量は30gなので、単純計算で約15万円の価値があります。同じ10万円金貨でも、昭和天皇御即位60周年記念の10万円通貨は質量が20gのため、天皇陛下御即位記念金貨の方が価値は高いと言えます。

そして、もう一つの収集用コインとしての価値です。地金型金貨などの投資硬貨とは異なり、収集を目的としたコインのことです。
収集用コインの中古市場取引は、コインの真贋や価値を証明するために、鑑定機関によるグレーディングを行ったほうが信頼性も高まって、取引しやすくなります。

グレーディングとは、そのコインの真贋、種類や付加要素、キズ・汚れなどの度合いによってランク付けすることです。保管状態がよいものほどランクが高くなり、その分取引価格も高くなります。
鑑定機関によっても多少違いはありますが、金貨の高ランクグレードは、PR・PF(プルーフ)とMS(ミントステイト)の2種類があり、PRやPFはプルーフ加工されたコインのグレード、MSは流通用に製造されたコインで流通しなかった未使用品のグレードです。それぞれ60~70の数値で評価され、70に近いほど評価は高くなります。

コインの希少性も取引価格を大きく左右します。記念貨幣は発行枚数が限定されているため、希少性は高くなります。希少性が高いコインは高値で取引される場合があります。
ちなみに日本の記念硬貨には関係ありませんが、アンティークコインの場合は、残存数が大きく意味を持ちます。何らかの理由でコインが失われていき、現在存在している数が何枚あるかがポイントとなります。

天皇陛下御即位記念10万円金貨は、他の記念硬貨と比較しても数多く発行されており、希少性は低いと言えるでしょう。
ただ、PCGS社鑑定の天皇陛下御即位記念10万円金貨PR70DCAMなどであれば、2019年4月時点で25枚ほどしかなく、高値が期待できます。

デザイン性の高さも、金貨の価値を上げる要因となります。ただし、天皇陛下御即位記念10万円金貨は図柄の美しさに定評がありますが、世界の優れたデザインの金貨の中では上位に位置するほどのものではありません。そういう意味では積極的に取引されるようなものではありません。

以上のようなことから、10万円金貨の場合は、ほぼ金としての価値が全てといってもよいでしょう

メールフォームで無料査定

LINEで無料査定

ページトップに戻る

御即位記念硬貨の発売価格と現在の中古市場相場価格は?

平成2年発行の天皇陛下御即位記念金貨の販売価格は、「プルーフ金貨」で113,300円、「10万円金貨と500円白銅貨幣の貨幣セット」で106,090円でした。

記念硬貨、収集型コインは一度限りの販売なので、現在は造幣局では販売されていませんが、ネットオークションなどの中古市場でなら手に入れることができます。
それでは実際に中古市場でどのくらいの価格で取引されているのかチェックしていきましょう。

天皇陛下御即位記念10万円金貨のプルーフ

天皇陛下御即位記念10万円金貨のミントステイト

2019年1月~3月中古市場の買取平均価格は約13万円で、プルーフの買取価格相場で約14万円とかなりの高価格で取引されています。
この価格相場を見ても、天皇陛下御即位記念10万円金貨の価値がかなり高いことが、お分かりいただけるのではないでしょうか。

同じ10万円金貨でもプルーフとミントステイトでは相場価格に差がありますが、同じ金貨でもなぜ価格が異なるのか?それは、単純にコインの美しさの違いが原因です。
前述したとおり、プルーフコインは特殊加工されたコレクター向けの非常に美しいコインです。

同じ金貨なのですが、投資目的や収集品としてはプルーフを購入するのが基本ですので、その分人気が集まり、ミントステイトに比べて価格が高くなります。

天皇陛下御即位記念の10万円金貨は、日本の記念硬貨の中でも額面、価値ともに最も高い金貨です。
さらにデザイン性も兼ね備えているため、コレクターだけではなく一般の方にもファンは多く存在します。

平成最後の記念としてコレクション用に購入してもよいですし、今後の金の値上がりを期待して投資用に購入するのもよいでしょう。

天皇陛下御即位記念10万円金貨の買取価格を専門サイトでチェック

メールフォームで無料査定

LINEで無料査定

ページトップに戻る

記念硬貨や金貨、古銭などの貨幣・古紙幣の買い取りは、金のアヒルの貨幣買取専門サイトの金貨買取本舗でも同じサービスをご利用いただけます。金貨買取本舗では基本買取額の掲載も行っております。

金貨買取本舗

金貨買取本舗で価格をチェック

記念硬貨・金貨の買取品目一覧