普段見慣れないコインが出てた!古銭や記念貨幣は今が売り時!

記念金貨や金貨や古銭、ご家族から譲り受けた、お家の整理やお掃除をしていたら出てきたなど様々あると思います。
日本のお金で見たことのないお金がでてくると価値があるのか気になりますよね?金貨はとくに価値がでやすいです。無料の査定にだすまえのポイントを交えてお話をいたします。

古銭と近代金貨と記念金貨というのはどういうもの?

日本における古銭とは、基本的には現行では使用されていない貨幣のことをいいます。「古」という漢字からも連想されるように、簡単に言ってしまうと古いお金のことです。戦国時代から発行されていた大判や、江戸時代に多く流通していた小判なども、もちろん古銭に含まれます。

江戸時代に流通していた大判・小判は、特に貴金属としても高く評価されており、古銭収集家の間でも人気の高い品となっています。
また、古銭のなかには金・銀・銅などから作られているものも多いため、古銭そのものの歴史的価値だけでなく、貴金属としての価値が付加されるケースも少なくありません。

日本の金貨は、明治金貨と記念金貨という2種類に大別されます。明治金貨とは、明治時代から大正時代にかけて発行されていた金貨のことで、当時の日本では日常的に使う貨幣として流通していました。
欧米諸国のような洋式貨幣を日本でも発行しようと、明治政府が海外から鋳造機を導入して、明治4年(1871年)から金貨の鋳造が開始されました。1円・2円・5円・10円・20円という5種類の明治金貨が存在しますが、そのなかでも特に10円・20円金貨はコレクターの間でも注目されています。

記念金貨とは、国家的な行事などの際に、特別に製造されている記念コインのことです。
オリンピックやFIFAワールドカップ、天皇陛下在位記念など、さまざまな記念コインが過去には発行されています。
開催されたイベントや国家行事の注目度によってはプレミアがつくことも珍しくなく、人気のある記念金貨ほど高値で売買される傾向にあります。さらには、金や銀などから鋳造されている記念コインであれば、より高い買取価格が期待できるでしょう。

専門サイトでチェック!メキシコ・ペソ金貨の買取価格

ページトップに戻る

古銭も金貨も額面通りではない?地金価値と希少性が額面を上回るポイント!

古銭も金貨も、そこに刻まれている額面通りの金額で必ずしも売買されるとは限りません。私たちが普段使っている現行の500円硬貨であれば、500円以下でも500円以上でもなく、きっちり500円でやり取りされています。ところが古銭や金貨の場合は、歴史的価値や希少性なども加わるため、額面以上の高値で取引されるケースも往々にしてあるというわけです。

この付加価値こそが、古銭・金貨をより高く売る上での重要なポイントであり、そして魅力ともいえます。

例えば「10万円金貨」は、それ1枚だけで10万円の額面価値があるとされている記念金貨です。銀行に持って行けば、10万円の現金と交換することができます。

銀行では額面以上の付加価値は考慮されないため、あくまでも10万円の貨幣として、額面とまったく同じ金額で取り扱われています。
しかし、24金が使用されている金貨は、金そのものの価値も有しているのです。

金の価格が高騰していけば、当然ながら金貨の価値もそれに連動して上昇していきます。仮に金貨の重量が20グラムだったとすると、20グラム分の金としての資産価値があることになります。

また、美しいデザインが施された古銭や金貨は、美術品としても高く評価されており、鑑賞用に収集しているコレクターも少なくありません。
発行された数が少なければ少ないほど、入手することが困難となるため、驚くほどの高値で売買されているケースも見受けられます。このように、古銭や金貨の額面は発行当時の貨幣価値に過ぎず、デザイン性や希少性、金の価格などの付加価値も考慮して買取価格が決められています。これらの付加価値をどう判断するのかは買い手によって大きく異なりますが、発行当時の貨幣価値とはかけ離れているケースが多くなります。

専門サイトでチェック!天皇陛下御即位記念金貨10万円金貨買取価格

専門サイトでチェック!古銭・大判・小判の買取価格

ページトップに戻る

古銭の歴史・あの戦国大名の発行した貨幣の金額は数千万!

日本において、最も価値が高いと言われている古銭は「天正菱大判金」です。天正菱大判金は、豊臣秀吉が贈答用に作らせた大判として知られています。

小判が主に通貨として使われていたのに対し、額面が高い大判は贈答用として、あるいは高額な支払いなどに使用されていたそうです。
天正菱大判金は発行数が非常に少なかったこともあり、その希少価値の高さから価格が高騰しています。確認されている現存数は、世界中でわずか6枚です。
売買価格は5,000万円~7,000万円前後だろうと言われていますが、オークションによっては1億円以上の値がつくこともあるようです。

他には、「慶長笹書大判金」も価値が高い大判の一つとされています。慶長大判は、江戸時代の初期頃に発行されていた大判であり、慶長笹書大判金・慶長大判金・慶長大判金という3種類が鋳造されていました。
3種類のなかで最も価値があるのは「慶長笹書大判金」と言われており、2,000万円~3,000万円前後の買取金額がつくこともあるようです。

贈答用に製造された大判は、そもそもの生産量があまり多くなかったために、現存している数が少なく希少価値が高まっている傾向がみられます。
さらには、歴史的価値や美術品としての価値もあるため、何としてでも手に入れたいと考えるコレクターが存在することも、高値で取引されている理由の一つと考えられます。

ページトップに戻る

出来るだけ高く売るには?基本的なことだけれど大切?分からない場合はきいてから判断しよう!

手元にある金貨や古銭をできる限り高く売るためには、どのようなポイントに気をつけるとよいのでしょうか。以下にあげる4点を、それぞれ詳しく解説していきます。

point:1・金や地金の相場価格をチェック

金貨の場合は、金の価格も買取価格に反映されます。理想としては、金の価格が上昇しているときに売ることです。金価格・金相場は日々変化しているものなので、今がどのような状態にあるのか、中長期的な視点を持ってこまめにチェックするようにしましょう。

とはいえ、どこまで上昇していくのかを正確に予想することは難しく、ある程度の時点で見切りをつける判断力も必要になるともいえます。

point:2・ケースやパックにはいっているものは未開封のままで!

新品の金貨を購入した場合は、汚れや傷がつくのを防ぐために、専用のケースに入れられて密封されていることがほとんどです。
この封を万が一開けてしまうと、金貨の価値が大きく下がってしまいます。金貨や古銭の買取においては、そのままの状態が最もよいとされていますので、パックやケースに保管されているものは決して開封しないように気をつけましょう。

開封済みのものでも売ることは可能ですが、高額買取を目指すなら未開封の状態で保管することが好ましいです。

point:3・なるべく素手でもたない!持つときにきをつけよう!

古銭や金貨を手に持つときは、表面に指紋などがつかないように持ち方にも気をつけてください。
できれば手袋をはめてから持つようにし、手袋がない場合は側面を持つようにしましょう。古銭や金貨の表面に指紋がついていると、それだけで価値が下がってしまいます。

point:4・無理に洗浄すると傷をつける場合もあり!?そのままの状態のほうが古銭自体はよい?

黒ずみやさびが目立つ古銭は、薬品で洗浄したり研磨剤で磨いたりして、きれいな状態に戻すこともできます。
きれいな貨幣のほうが高値で売れそうだと思う人もいるかもしれませんが、古銭に関しては間違いです。古銭の買取では、手を加えていないことを重要視します。

磨いてきれいにすることは、古銭の価値を下げることに繋がります。汚れが目立つ古銭であっても、極力そのままの状態にしておいて、無理に洗浄するのは避けましょう。

ページトップに戻る

古銭や金貨の買取は価値のわかる高価買取専門店金のアヒルへ!

日本の金貨についてお話をしましたが如何でしたでしょうか?古銭と呼ばれる時代の金貨から現在も発行されている金貨。
小判や大判は身近なものではありませんが、記念金貨は今も発行されています
。鑑定が必要な歴史的な付加価値もある古銭や近代金貨、昭和からはじまり発行枚数も多く現行の通用力もある記念金貨、どちらも売却の際は専門店できちんと査定をしてもらいましょう。

高価買取専門店金のアヒルでは金貨や銀貨、プラチナ貨幣、パラジウム貨幣をどこよりも高くお買取りします。
国内金貨のみならず海外金貨もお買取りします。専門の査定員が1枚ずつ丁寧に査定いたします。

古銭や記念金貨を高価買取中!金相場も上昇中のため日本の記念金貨も驚きのお値段に!気になる国内金貨の価格はこちらからお探しください。

専門サイトでチェック!日本の金貨買取価格はこちら!

サイトに掲載のないコインもお買取りします!この金貨や古銭の値段はいくらになる?価格だけまず知りたい。そのような場合はフリーダイヤルか無料メール査定をご利用ください。

メールフォームで無料査定

LINEで無料査定

ページトップに戻る

記念硬貨や金貨、古銭などの貨幣・古紙幣の買い取りは、金のアヒルの貨幣買取専門サイトの金貨買取本舗でも同じサービスをご利用いただけます。金貨買取本舗では基本買取額の掲載も行っております。

金貨買取本舗

金貨買取本舗で価格をチェック

記念硬貨・金貨の買取品目一覧