英国クイーンズビーストコイン気になる価値は?モダン金貨買取

イギリスモダン金貨の世界、エリザベス2世御即位65周年に発行されたクイーンズビーストコインシリーズ、2022年ご即位記念70年のプラチナ・ジュビリーに向けて10種類の記念金貨が発行されます。英国の国章や歴史的象徴である神話的な動物をモチーフとしてエリザベス2世の肖像画と裏面にデザインされています。こちらのクイーンズビーストコイン発行枚数が少なくプレミア価値がつくモダンコインの1つです。どのような金貨で価値がでるのかコラム形式でお伝えいたします。

エリザベス2世ご即位65周年のお祝いで発行された!クイーンズビーストコイン

エリザベス2世像

英国連邦加盟国カナダの首都オワタにある 女王エリザベス2世像 

クイーンズビーストコインとはどのようなコインなのでしょうか。ここではクイーンズビーストコインについて、イギリス金貨にも触れながらご説明していきます。

イギリスの地金型金貨、ブリタニア金貨

イギリスの金貨には、投資目的で売買されている地金型金貨と記念硬貨などコレクションなど収集目的で売買されやすい収集型金貨があります。イギリスの地金型金貨で有名なのはブリタニア金貨が挙げられます。
ブリタニア金貨はイギリス王立造幣局から発行されており、当時世界最大のシェアを誇っていたソブリン金貨に代わって1987年から発行が開始されました。
表面にはエリザベス女王のレリーフが、裏面にはブリタニア女神がデザインされています。ブリタニアコインには金貨以外にブリタニア銀貨、ブリタニアプラチナ貨もあります。ちなみにデザインは全てのコインで共通です。

ブリタニア金貨プルーフセット

1987年 発行 ブリタニアプルーフ金貨セット

イギリスの収集型金貨には、クイーンズビーストコインのほかに、ピーターラビット100周年を記念したコインやロンドン五輪記念コインなどが知られています。また、国際連合設立50周年記念2ポンド金貨や500周年記念ソブリン金貨などもあります。

エリザベス女王即位65年目記念で発行!クイーンビーストコインの特徴

クイーンズビーストコインはイギリスの記念硬貨の一つであり、エリザベス女王が2017年に即位65年目を迎えるにあたって発行されました。即位65年というのは英国の歴代君主として最長の記録です。
クイーンズビーストコインには、即位最長のお祝いとこれからもお祝いを続けていけるようにと願いが込められています。
また、即位65年目から70年目までの5年間で、デザインが10種類のコインが発行されます。クイーンズビーストコインの発行枚数はとても少ないため、完売すると次に手に入れることは非常に難しいため、プレミア化する可能性が高い金貨なのです。

10種類のデザインは、女王の先祖に由来する動物と紋章をもとに構成されます。まるで物語の中のように空想上の動物が現実に生きている動物であるかのようにデザインされているのが特徴です。
デザインを担当したのは王立造幣局のデザイナー、ジョディ・クラークです。彼はクイーンズビーストコインの他に2014年、2016年発行プレミアム・ブリタニアやヘンリー王子ご成婚記念コインのデザインも手掛けています。

ページトップに戻る

クイーンズビーストコインは10種類!国紋を象徴するデザイン多数

トラファルガー広場ライオン像

 イギリス トラファルガー広場にある ランドシーア作 ライオン像

一口にクイーンズビーストコインと言っても、デザインや金属が異なる様々な種類が存在します。ここでは金属の種類とデザインごとに分けて、クイーンズビーストコインについてご説明していきます。

1.クイーンズビーストコインは金属はどのような種類がある?

コインの価値は金属の種類によって変わり、金、銀、銅、アルミ、ニッケルなどが多いです。金は腐らないという性質を持っていることから、永遠の輝きを持つと言われています。柔らかく加工しやすいという性質も持っていますが、コインの素材に使う場合はその性質が欠点となる場合もあります。そのため、銀や銅を混ぜた合金も多く出回っているようです。

ただし、コレクション用の金のコインはほぼ金だけで作られています。銀もコインの素材としてポピュラーな素材です。銀は腐りにくいものの、変色しやすい性質を持っています。一般的に変色したコインは価値が低くなりますが、収集家の中には変色したコインを好む人もいるようです。

また、金や銀以外にもカラフルなコイン、白金やパラディウムのコインなどもあります。クイーンズビーストコインには金貨と銀貨があります。金貨は傷がつきやすく、銀貨はさびやすいという性質があるため、いずれも専用の保管ケースに入れて保存しておくと良いでしょう。

2.クイーンズビーストコインのデザインにはどのような種類がある?

クイーンズビーストコインは表側にエリザベス2世、裏側には動物のデザインが施されています。
即位65年目から70年目までの5年間で10種類の異なるデザインのクイーンズビーストコインが発行されますが、登場する10種類の動物はイギリスのライオン、エドワード3世のグリフィン、プランタジェネット家のハヤブサ、クラレンスの黒い牛、ビューフォートのイェール、モーティマーの白いライオン、リッチモンドの白い猟犬、ウェールズのドラゴン、スコットランドのユニコーン、ハノーファーの白馬です。

ライオンがモチーフのものが2つありますが、ライオンはイギリスの国章に使用されるなどイギリスにとって象徴的な存在です。
また、イギリスのライオンは王冠あり、モーティマーの白いライオンは王冠なしというように、デザインの差別化が図られています。コインの表面にはエリザベス2世のレリーフ以外に金属の重さや純度、発行年が刻まれています。

ページトップに戻る

プレミア価値のでるクイーンズビーストコインはどこで売る?

クイーンズビーストコインの売り方は幾つかありますが、売り方によって異なる特徴があるので注意が必要です。金貨や貴金属専門の業者はコインの専門知識があり、査定にかかる時間も早いと考えられます。

満足いく取引ができる可能性が高いため、おすすめの売り方です。オークションサイトやフリマサイトは現金の出品は規約違反となりますが、記念硬貨は出品可能です。コレクターに出会える可能性もあるため高値での売却も期待できる一方、一般の人同士の取引であることからトラブルが起こる可能性はゼロではありません。

リサイクルショップや金券ショップは買取業者ではありますが、金貨買取の知識を持つ人が必ずいるとは限らない点に注意が必要です。最悪の場合、金貨の価値を見極めて貰えず、安く買い叩かれてしまう可能性もあります。

銀行で売る方法もありますが、買取業者なので混雑していると待たされる確率が高いです。銀行によっては、鑑定できる知識がないなどの理由で受け付けてもらえない場合もあります。貴金属などを狙ってくる押し買い業者もいますが、このような業者は重量のみで査定されるなど悪質な業者が多いため、避けた方が無難です。

ページトップに戻る

金貨を売却するときのポイントは?相場価値をチェック!

クイーンズビーストコインを高く売りたいなら、いくつかの注意点を押さえる必要があります。金貨を売却するときに一般的に言えることですがまずは買取相場を確認することです。地金型金貨は金の相場によって買取価格が大きく変わるため、高く売りたいなら相場が高い時に売るのがオススメです。ちなみに、買取業者は実店舗以外にインターネット上の買取業者も存在するので、それらも含めて相場を確認しましょう。

業者間の買取相場を確認するだけでなく、トレンドを意識することも大事です。例えば、オリンピックが近いとオリンピック関係の

記念硬貨の価値が上がる傾向にあります。こうしたトレンドを踏まえて売りに出すことも大切です。また、クイーンズビーストコインには購入時に箱とクリアケース、証明書がついてくるので、それらを一緒に売るのも重要です。

コインは傷や汚れがあると価値が下がるので、保管にも注意を払う必要があります。コインは空気に触れると劣化する場合があるので、コインホルダーにしまい大切に保管しましょう。

また、素手で触ると皮脂や汗が付着し劣化しやすくなる可能性が高まりますから、素手では触らず手袋などで扱うのがポイントです。汚れたコインをきれいにするために、自己流で磨くのも避けた方が良いでしょう。特に金は柔らかいため、傷がつく可能性があります。

ページトップに戻る

クイーンズビーストコレクションシリーズ買取は高価買取専門店金のアヒルへ

如何でしたでしょうか?クイーンズビーストの金貨や銀貨についてお話をしました。
クイーンズビーストシリーズは5oz、1ozの金貨と10oz、5oz、2ozの銀貨がありますが金貨はそれ以外になんと1kgの金貨から1/4oz金貨もあるそうです。
イギリスの法定通貨ですが、発行枚数がそれそれ5oz金貨(500ポンド純金製プルーフ金貨)は約100枚程度、5oz銀貨(10ポンド純銀製プルーフ金貨)は約2500枚程度となり発行枚数の少ない希少性の高いコインとなります。

2017年に発行された英国紋章に描かれている百獣の王、王冠を被った雄々しき百獣の王からはじまり、2020年はハノーヴァーの白い馬とモーティマーの白いライオンが発行されました。コインディーラーでの販売価格例として5オンス金貨は200万前後、国内コイン商では手に入りづらい年度のコインもあります。

エリザベス2世の即位70周年祝いに向けて2017年から発行されているモダンコイン。神話から飛び出してきたかのような躍動感あるデザイン、そしてイギリス史系譜を象徴である動物や国の紋様で表現されているため、プルーフの繊細な輝きの中にイギリス王国の伝統と格式を彷彿させるコインです。

イギリスのコレクションとして揃えたい世界各国のコインコレクターや資産家に人気があります。ロイヤルミントの専用ケースに収められております。
2017年にはイギリス王室としては初めてであるプラチナ婚式を迎えられたエリザベス女王とフィリップ王配、2022年にはプラチナジュビリー(即位70年記念)がお祝いされる予定です。

プレミア価値がある特別なモダンコインの査定・お買取りは高価買取専門店金のアヒルにお任せ下さい。金貨コイン専門店は精通した査定員の丁寧な査定と国内外の幅広い販路により時代に即した適切なプレミア価格で買取利可となります。

※クイーンズビーストコインシリーズは近年の希少性が高いプレミア金貨の1つため買取価格は別途査定となります。まずはお問合せ下さい。フリーダイヤル以外にもメールやライン査定でもお問合せ、お見積り査定承ります。

英国の金貨は幅広くお買取りをしております。

専門サイトでチェック! イギリス金貨買取価格はこちら

高価買取専門店金のアヒルでは金貨、記念硬貨を高価買取いたします。プレミアのつく金貨は買取価格より別途査定価格がアップされます。お持ちの金貨はどれくらいの価格になるのか、価値が気になるかたはぜひ無料査定をご利用下さい。

高価買取専門店金のアヒルではサイト記載のない金貨も査定いたしますのでお気軽にお問合せ下さい。プレミアのつく金貨は買取価格より別途査定価格がアップされます。外国金貨がどれくらいの価格になるのか、価値が気になるかたはぜひ無料査定をご利用下さい。

サイトに掲載のないコインもお買取りします!金貨や古銭の値段はいくらになる?価格だけまず知りたい。そのような場合はフリーダイヤルか無料メール査定をご利用ください。

メールフォームで無料査定

LINEで無料査定

ページトップに戻る

記念硬貨や金貨、古銭などの貨幣・古紙幣の買い取りは、金のアヒルの貨幣買取専門サイトの金貨買取本舗でも同じサービスをご利用いただけます。金貨買取本舗では基本買取額の掲載も行っております。

金貨買取本舗

金貨買取本舗で価格をチェック

記念硬貨・金貨の買取品目一覧