御成婚記念金貨5万円はどちらがお得?オークションVSお買取り!

高価買取専門店金のアヒルでは日本の記念金貨買取を強化しています。最近は個人でオークションを利用されるかたが増えていますね。はたして5万円金貨の場合は買取とオークションどちらで売った方がお得なのでしょうか?オークション出品のメリットやデメリットを絡めつつお伝えしようと思います。御成婚記念金貨5万円や日本の記念金貨を売りたいかたにおすすめのコラムです。

5万円金貨や日本記念金貨は貨幣…オークション出品してよいの?

記念金貨といっても、造幣局が発行する貨幣であることに変わりはありません。つまり5万円金貨は5万円の貨幣として使うことができます。オークションにかけるのは、5万円以上の価格で落札されることを期待するからでしょう。

ではオークションなどで5万円の貨幣を5万円以上で売買することに問題はないのでしょうか。現行流通貨幣の場合には、出資法絡みでグレーな可能性があります。
サラ金などで借金した人が当座の現金を手に入れるためにカードで払えるオークションで現金を購入する場合があるからです。カードで商品を買って売るよりも手っとり早いので、売り手も買い手も分かっていて取引しているケースが多いです。

2019年現在、多くのサイトで現金の売買がされています。紙幣番号がゾロ目な場合や特年で発行枚数が少ないレアなものなど。基本的に紙幣や硬貨を個人がオークションで売ることに問題はありません。

特に記念金貨はグレーな面での出品はあまり考えられませんし、そもそも発行元の造幣局自体が額面以上の価格で売っています。個人が貨幣の売買をすることや、その取引で額面以上の価格で売ることは禁じられていません。

問題になるのは大量の記念金貨を売りさばいたときで、売っている金貨の数によっては、個人取引の範疇を超えて商取引していると見なされる可能性があります。商売で記念金貨を売るには古物商の許可が必要となるので、大量の金貨を売るのであれば注意する必要があります。

ページトップに戻る

記念貨幣のオークションに出品するメリットはどのような場合?

記念金貨は貨幣であると同時にコレクターズアイテムとしての価値を持ちます。各種記念金貨は発行数が決まっています。自分が出品する記念金貨を手に入れることができなかった人が、出物を探してオークションに参加した場合は高値で売れる可能性があります。

もし複数の人が入札し合う状況になれば、オークション特有の入札のヒートアップ現象(競争相手に刺激されて、落札価格を張り合って上げていくこと)が発生して思わぬ高値で落札される可能性もあります。

また、業者に売るときは、業者が自分の利益を考えた買い取り価格になるので中間マージンが発生しますが、オークションは直接取引のため、オークションサイトの手数料や郵送などの経費以外は発生せず、利益は全て自分の物になります。

自分で記念金貨のコレクターを探すのは大変ですが、オークションサイトであれば、そういう人たちが自分から来訪してくれます。大手オークションサイトであれば何万人という来訪者がいるので、買い手を探す苦労はほとんどありません。

発行枚数が少なく希少性がある場合や骨董性がある場合はオークションを利用するとよいでしょう

ページトップに戻る

5万円金貨のオークション利益と手間のバランスは?オークション出品デメリット

オークションサイトに登録して、サイトのルールに基づいて出品手続きをして、一定期間オークションにかけなければいけません。現物の写真を取ってアップロードしたり、記念金貨の状態やセールストークを表記するなど、オークションに出すために色々とやらなければいけない作業があり、結構手間がかかります。

買い手を選べないので、転売目的の人や、出品した金貨のコレクターズアイテムとしての価値が分からない人が落札する可能性があります。前者は余計にお金を使いたくない、後者は価値が分かっていないという理由で、5万円を大きく上回る値段をつける可能性は少なくなります。

メリットを説明したところで、業者は中間マージンがあるという話をしましたが、業者はその金貨を欲しがっているコレクター相手に売買するので、このような人たちのつける価格よりは高い値段で買い取ってくれる可能性が高いです。オークション特有の問題もあります。

一番多いのは保存状態にクレームがつくことです。記念金貨はコレクターズアイテムなので、保存状態については特に気にする人が多いです。発売当時の入れ物や説明書などが綺麗な状態で揃っていないと、クレームがつく場合があります。

ネットオークションでは実際のものを見ることはできないので、写真や出品者の説明などで確認するわけですが、「もっときれいだと思っていた」などのクレームがつくこともあります。落札価格が自分が希望していた価格に届かない可能性もあります。希望落札価格のつけ方はサイトによって色々です。

一般的には最低価格(この場合は5万円とする場合が多い)を決めて一定期間入札を待ち、入札期限内に一番高い値段をつけた人が落札するというやり方が多いのですが、入札の状況によっては自分が希望していた価格より低い値段しかつかない場合もあります。

即決価格がつけられるサイトでは希望入札額を指定できますが、その金額では入札がつかないということもありえます。基本的にオークションでは見ず知らずの人から現物を見ずに物を買うので、買い手のリスクが大きくなります。

エスクローサービスなどで、お金だけ取られて品物が届かないということは防止できるようになりましたが、実物が希望していたものと違うということは到着しないと分かりません。そのため出品者(自分)に対するサイト上での評価がとても高ければ別ですが、あまり高いものは買うのを控える傾向があります。

タイミングによっては落札者が現れず、中々売れない場合もあります。さらに、前述した出資法絡みのグレーな貨幣出品が後を絶たないので、貨幣の売買を禁止しているサイトもあります。

ページトップに戻る

金相場が高い今がチャンス!お買取りde簡単即現金化「高価買取専門店金のアヒル」へ

如何でしたでしょうか?5円金貨は価値の高い金貨であり、高値がつく記念金貨だからこそ貴金属相場が高く金貨自体の素材価値が高い今売却しましょう。

5万円金貨はオークションでも出品が可能です。しかしながら出品するための手間(登録・写真撮影・テンプレ-トを使用して出品ページと作成する)落札されるための手間(検討されているかたのための質問に答える・落札後の連絡・落札者様へ現物郵送・取引)や手数料(落札手数料等)がかかります。
先にも述べましたが、オークションのメリットは欲しい人が複数いれば値段がせりあがる、お店であまり値段がつかなかったものがオークションの方がコレクターが入札など価格が高くなる場合があるのです。

5万円金貨の場合はどうかといいますと「5万円金貨 オークション」などで検索いただければわかるように買取店で売却するのとオークションで出品されている値段と実はあまり遜色がありません。

買取店がストアとして5万円金貨を出品しているところは数多くありますが、価格設定は買取価格とあまり変わらないのです。もちろん買取した金額に人件費やすこし上乗せをしますが、高くしても落札されなければ在庫になるだけなので結局はオークション相場価格の範囲に値段設定せざるをえないのです。

5万円金貨は銀行に両替するなら額面5万円の価値しかありません。しかし令和元年9月半ばの現在某日、金のアヒル専門買取サイトの買取価格は92,000円を超えています(※価格は毎日変動います。最新価格をご覧ください)
買取価格はお店によって設定がかわります。値段をきいて複数店比べて検討するのも良いと思います。

5万円金貨は記念金貨ですが、金貨発行枚数が190万枚と多く希少性が少ない金貨なのです。したがってオークションでも出品数が多いため相場価格で落札されます。手間賃を考えると買取店で売却したほうが賢明といえるでしょう。

5万円金貨だけではなく日本記念金貨は比較的発行枚数が多く珍しいからどうしても手に入れたい!というアンティークコインやレア古銭のような価格のせり上がりは考えづらいのです。

ただ売却のタイミングで一つ言えるのは金相場が高いときです。5000円台中盤~後半の今がおすすめです。

ずっとコレクションとして大切に手元に置いておくのも良いと思います。ですがいつか高く売りたいなと思っているようでしたら無料査定をおすすめします。

皇太子殿下御成婚記念 5万円金貨の記念金貨をお買取りいたします。額面が5万円の金貨が今この価格でお買取されています。
オークションで落札される価格とあまりかわりないことを気付かれるでしょう。手間のかかるオークションの作業はありません。金貨と身分証明書をもちお店にくるだけでその場で現金化されます。

御成婚記念金貨5万円の価格はこちらからご確認ください。

専門サイトでチェック!御成婚記念金貨5万円買取価格はこちら

専門サイトに記載のない金貨や記念硬貨もお買取!プレミアのつく金貨は買取価格より別途査定価格がアップされます。お持ちの海外金貨はどれくらいの価格になるのか、価値が気になるかたはぜひ無料査定をご利用下さい。

メールフォームで無料査定

LINEで無料査定

ページトップに戻る

記念硬貨や金貨、古銭などの貨幣・古紙幣の買い取りは、金のアヒルの貨幣買取専門サイトの金貨買取本舗でも同じサービスをご利用いただけます。金貨買取本舗では基本買取額の掲載も行っております。

金貨買取本舗

金貨買取本舗で価格をチェック

記念硬貨・金貨の買取品目一覧