北海道で記念硬貨・金貨を売るなら金のアヒル

北海道で記念硬貨を売りたい!金貨を買取に出せる?

もちろん金のアヒルは全国対応しておりますので、北海道でもまったく問題ありません。
道北、道東、道央、道南のどこからでも買取できます。

北海道に対応した記念硬貨や金貨の買取方法は?

店頭買取

郵送買取

出張買取

北海道での記念硬貨、金貨の買取は郵送買取にてご対応します。

函館、札幌、帯広、釧路、根室、紋別、旭川、稚内など、北海道のどこからでも送料は0円!郵送買取で商品を送るときの送料は全額当社が負担いたします。

もちろん査定料、手数料などなにもありません。

商品の買取で掛かる費用はありませんので、査定金額が全額お客様口座へ振込まれます。

北海道で記念硬貨や金貨などを売りたいときは、金のアヒルにおまかせください。

金のアヒルの記念硬貨などの買取はすべて金貨買取本舗基準で買い取ります。
金貨買取本舗は金のアヒルの記念硬貨や金貨の買取専門サイトです。
金貨・記念硬貨の高価買取専門サイト 金貨買取本舗には価格なども掲載しておりますのでご覧ください。

査定料・手数料・送料など一切無料*!

まずは無料の査定をお申し込みいただき、仮査定します。仮査定後のキャンセルでも問題ありません。一切無料で出来ますのでお気軽にご利用ください。
仮査定結果にご納得いただければ、商品を弊社まで郵送していただきます。

商品到着後に本査定を行い、本査定結果を確認していただき、金額にご納得いただければご成約となり、買取金額を指定口座へお振込みいたします。

※本査定結果後に、お客様都合によるキャンセルの場合は、商品返送料金をお客様にご負担いただきます。

詳しくは郵送買取の詳細ページをご確認ください。

郵送買取の詳細

北海道にまつわる記念硬貨といえば

記念硬貨は様々な国家的イベントや事業、祝い事などを記念して発行されますが、北海道に関係した記念硬貨もあるんです。
では、北海道にまつわる記念硬貨とは、どのようなコインなのでしょうか。

札幌オリンピックの開催を記念した記念硬貨

1940年に開催が決定していた札幌オリンピックですが、戦争の影響などで開催件を返上し、戦後に東京オリンピックの開催を機に札幌オリンピック招致を行いました。
そして開催が決定したのが1972年の札幌オリンピックです。
この大会は1964東京オリンピックと同様に、アジア初の冬季オリンピックとなりました。

競技会場は主に札幌市でしたが、ダウンヒルは千歳市の恵庭岳滑降競技場で行われました。

札幌オリンピック記念 100円白銅貨幣

札幌オリンピック記念硬貨

発行年昭和47年
図柄(表)聖火台
図柄(裏)五輪マーク、雪紋(初雪)
素材白銅
品位(千分中)銅750、ニッケル250
量目12グラム
直径30mm

現在であれば、金貨、銀貨が出るぐらいのイベントですが、この時代では100円白銅貨が出たのみでした。

2017年のアジア冬季競技大会の開催を記念した記念硬貨

2017年アジア冬季競技大会が北海道札幌市と帯広市で開催されました。2015年に予定されていたのですが、アジアオリンピック評議会の総会で、冬季五輪の1年前に開催するべく2017年の開催となりました。

札幌が主な会場となるため2017冬季アジア札幌大会とも呼ばれています。
スピードスケートのみ帯広市の森屋内スピードスケート場で開催され、他の競技は全て札幌市内で開催されました。開会式は札幌ドームで行われ、閉会式は真駒内屋内競技場で行われました。

第8回アジア冬季競技大会記念 1000円銀貨幣

第8回アジア冬季競技大会記念硬貨

発行年平成29年
図柄(表)スキージャンプとフィギュアスケートの選手
図柄(裏)大会エンブレムと開催競技のピクトグラム
素材
品位純銀
量目31.1グラム
直径40mm

地方自治法施行60周年を記念した記念硬貨

北海道の地方自治法施行60周年記念硬貨のデザインは、1000円銀貨の表側に北海道洞爺湖サミット開催を記念した洞爺湖、そして北海道の鳥である丹頂が北海道の広大な大空を飛ぶ姿がデザインされています。
500円バイカラークラッドは、中央に平成20年に120周年を迎え、観光名所でもある北海道庁旧本庁舎を配置してあります。この庁舎は道民には赤レンガ庁舎と親しまれています。そして、その上部には北海道洞爺湖サミットの開催を記念した洞爺湖と羊蹄山がデザインされています。

地方自治法施行60周年記念貨幣(北海道) 1000円銀貨幣

地方自治法施行60周年を記念1000円硬貨

発行年平成20年
図柄(表)洞爺湖と丹頂
図柄(裏)雪月花
素材
品位純銀
量目31.1グラム
直径40mm

地方自治法施行60周年記念貨幣(北海道) 500円バイカラー・クラッド貨幣

地方自治法施行60周年を記念500円硬貨

発行年平成20年
図柄(表)洞爺湖と北海道庁旧本庁舎
図柄(裏)古銭のイメージ
素材ニッケル黄銅、白銅及び銅
品位(千分中)銅750、亜鉛125、ニッケル125
量目7.1グラム
直径26.5mm

新幹線の開業50周年を記念した北海道新幹線100円硬貨

新幹線開業50周年を記念して100円硬貨が発行され、北海道新幹線がデザインされた100円硬貨も発行されました。

北海道新幹線は、昭和48年の基本計画5路線のひとつで、青森県の青森市から北海道の旭川市までを結ぶ高速鉄道です。平成17年に着工して、11年後の平成28年に開業しました。
新青森駅から新函館北斗駅まで営業しています。新函館北斗駅から札幌までは2031年に開業を予定していますが、札幌から旭川はまだ着工予定が立っていません。

新幹線鉄道開業50周年記念(北海道新幹線) 100円クラッド貨幣

新幹線鉄道開業50周年記念硬貨(北海道新幹線)

発行年平成28年
図柄(表)北海道新幹線 H5系
図柄(裏)0系新幹線
素材白銅及び銅
品位(千分中)銅875、ニッケル125
量目4.8グラム
直径22.6mm

青函トンネルの開通を記念した記念硬貨

本州から北海道への輸送手段として、青森函館間で運航されていた連絡船がありましたが、1950年代に朝鮮戦争による浮流機雷の流入や、海難事故などが相次いで問題となりました。
そのため、戦前からあった本州と北海道を結ぶトンネル構想が具体化して、海峡トンネルが建設されることになりました。

昭和36年に建設が開始され、昭和62年(1987年)に青函トンネルが完成。建設開始から実に26年の歳月が掛かりました。

この青函トンネルの開通を記念して発行された記念硬貨が青函トンネル開通記念500円白銅貨です。

青函トンネル開通記念 500円白銅貨幣

青函トンネル開通記念硬貨

発行年昭和63年
図柄(表)青函トンネルと津軽海峡を表わす波とかもめ
図柄(裏)北海道と本州の地図
素材白銅
品位(千分中)銅750、ニッケル250
量目13グラム
直径30mm

FIFAワールドカップの日本開催を記念した記念硬貨

2002年にFIFAワールドカップが日韓で開催された。これを記念して発行されたのが2002FIFAワールドカップです。

北海道では札幌ドームが競技会場となり、グループFのアルゼンチン対イングランド戦が札幌ドームで行われました。両国の歴史的背景や前回大会の遺恨から「因縁の対決」と言われ、大きく注目された試合でした。
そのほか、グループEのドイツ対サウジアラビア。グループGのイタリア対エクアドル戦などが行われました。

2002FIFAワールドカップ™記念 10,000円金貨幣

2002FIFAワールドカップ記念硬貨

発行年平成14年
図柄(表)選手とストライプ
図柄(裏)エンブレムと桜と虹とボール
素材
品位純金
量目15.6グラム
直径26mm

記念硬貨や金貨、古銭などの貨幣・古紙幣の買い取りは、金のアヒルの貨幣買取専門サイトの金貨買取本舗でも同じサービスをご利用いただけます。金貨買取本舗では基本買取額の掲載も行っております。

金貨買取本舗

金貨買取本舗で価格をチェック

記念硬貨・金貨の買取品目一覧