天皇陛下御即位記念 10万円金貨を買取しました

日本で流通している貨幣の最高額面。天皇陛下の御即位を記念してつくられた純金の記念硬貨。俗に「10万円金貨」と呼ばれています。

金相場の影響で高価買取中の御即位記念10万円金貨

金相場グラムあたり四千円台半ばで額面を大きく超える御即位金貨。いま買取がとても多い金貨の一つです。
一時期に比べて金相場も落ちましたが、それでもかなりの高値を付けているので売りにくるお客様は多いです。
今回買い取りした御即位記念10万円金貨はプルーフ金貨で、10万円金貨でも一番高い買取価格の商品ですが、もし、これがグレーディングされた高ランク金貨であれば、付加価値が付いてさらに高額での買い取りとなったでしょう。

御即位記念10万円金貨とは?

天皇陛下御即位記念10万円金貨幣は天皇陛下の御即位を記念してつくられた品物です。額面的にも金貨という点でも希少性の高い品というイメージがありますが、実際には200万枚ほど発行されており、さほど希少性の高いものではありません。

3種類のパッケージがある御即位記念の10万円金貨

今上天皇の10万円金貨は平成2年4月10日に御即位を祝して発行されました。表には鳳凰、裏には菊の紋章が美しく刻印され、偽造防止のためのブリスターパックや認証番号が施されているのが特徴です。御即位記念金貨は、「通常品」と「プルーフ金貨」と「金貨と白銅貨セット」の3種類に分かれています。通常品はブリスターパックに入った普通の10万円金貨。特殊加工されたプルーフ貨幣は10万円金貨単体のプルーフ金貨幣セットのみで、白銅貨セットは通常品の10万円金貨に額面500円の白銅貨がプラスされ化粧箱に入ったたものです。白銅貨は銅とニッケルでつくられているため、金貨と比べるとあまり資産的価値は期待できません。

日本の記念硬貨で最高の価値を持つ御即位記念の10万円金貨

御即位記念の10万円金貨は純金製で質量が30gあり、日本の記念硬貨の中では最高の価値があります。2018年現在では額面の10万円を大きく超える買取価格が付けられています。
同じ10万円金貨の昭和天皇在位60年の金貨は、純金製で質量が20gしかなく金相場的に価値は低いです。

図柄(表)鳳凰と瑞雲
図柄(裏)菊の御紋と桐と唐草
素材
品位純金
量目30グラム
直径33mm
発行年平成3年

記念硬貨や金貨、古銭などの貨幣・古紙幣の買い取りは、金のアヒルの貨幣買取専門サイトの金貨買取本舗でも同じサービスをご利用いただけます。金貨買取本舗では基本買取額の掲載も行っております。

金貨買取本舗

金貨買取本舗で価格をチェック

記念硬貨・金貨の買取品目一覧