2002FIFAワールドカップ金貨の価値は? 発売時から6倍!?

2002年のFIFAワールドカップは、日本と韓国による共同開催という形で開催された世界中が注目したビッグイベントです。自国で開催されるとあって、国内は大いに盛り上がりさまざまな応援グッズや記念グッズなどが発売され、そのなかで造幣局から発行されたのが「2002FIFAワールドカップ™記念貨幣」です。
画像著作権者:Dddeco

2002FIFAワールドカップ開催記念として記念硬貨が発行された

2002年のFIFAワールドカップは、日本と韓国による共同開催という形で開催されました。世界中が注目するビッグイベントが自国で開催されるとあって、国内は大いに盛り上がりさまざまな応援グッズや記念グッズなどが発売され注目を浴びました。
それらとともに、5月31日からのワールドカップの開催に先立ち5月8日に発行されたのが「2002FIFAワールドカップ™記念貨幣」です。
製造された貨幣は、額面が1万円の金貨、1000円の銀貨、500円のニッケル黄銅貨の3種類です。

販売品は、金貨と銀貨1枚ずつの単独販売の他、金貨と銀貨の2枚でのプルーフセット、500円3枚でのセット販売がありました。
500円3枚セットは、世界地図を分割し、ユーラシアとアフリカ、アジアとオセアニア、南北アメリカ大陸の異なる3種類のデザインです。3枚揃って世界地図が完成するわけです。スタジアムのピッチと観客席がデザインされた外箱と内ケースの専用ケースにて販売されました。
2002FIFAワールドカップ™記念貨幣のうちの最高額の金貨は、表面には選手とストライプが、裏面にはエンブレム、ボール、桜、虹が描かれています。下地に鏡面加工が施されたプルーフ貨幣です。大きさは直径26mm、重さは15.6gです。側面の刻みは斜めにギザギザが入っています。材質は財務省造幣局が製造販売する正真正銘の純金です。製造費用が額面の1万円を有に超えるプレミアムな記念硬貨となります。全部で10万枚が発行され、5万枚は金貨単独で、残りの5万枚は1000円銀貨とのセットで販売されました。

発売当時は安かったFIFAワールドカップ金貨

発売当時の販売価格は、1万円金貨が4万円、1000円銀貨が6000円、金貨と銀貨の2枚セットが4万5000円、500円3枚セットが3000円と、どれも額面を超える価格で販売されました。製造にかかるコストが額面以上の費用がかかったプレミアム型のプルーフ貨幣だからです。プルーフ貨幣とは、流通のためではなく収集と保管目的のための特別な加工を施したデザインのものを指します。今回の「2002FIFAワールドカップ™記念貨幣」に限らず、日本の造幣局では、昭和62年からプルーフ貨幣を製造してきました。

プルーフ貨幣とは表面を鏡面仕上げにして輝きを出した下地の上に、模様をつや消しにして浮き出させています。そのため、立体的なデザインの美しさがひときわ輝いて見えます。通常の製造工程よりもさらに高い技術を結集した丁寧な加工がされた貨幣です。

成形の工程は、円形に打ち抜いた硬貨に縁をつけ、模様を鮮明に出すためにさらに加熱して柔らかくした上で、特殊な洗浄処理で表面に光沢を出しています。このときの洗浄により、プルーフ特有の光沢が出やすくなります。その後、表と裏に図柄とギザを2回念入りにプレスする圧印工程をホコリの混入を避けるためクリーンルームで行うなど、徹底した管理の元で製造されています。そして、金貨一枚一枚を目視で傷などの不具合がないかを検品し、プラスチックケースに向きを揃えてはめ込み、化粧ケースや外装紙に組み込んで完成します。

ちなみに、「2002FIFAワールドカップ™記念貨幣」の1000円の記念硬貨は、世界造幣局長会議でのコンペティションにおいて、記念貨幣(その他)部門の「最も美しい貨幣賞」を受賞しています。

ページトップに戻る

日本の記念硬貨をおさらいしよう

記念貨幣とは、大きな記念すべき行事やイベントが行われた記念として発行されるお金です。過去には、東京オリンピック記念、日本万国博覧会記念、天皇陛下御即位記念、皇太子殿下ご成婚記念など、国際大会や国際イベント、祝賀行事などの記念に枚数を限定して発行されています。2002FIFAワールドカップ™記念硬貨もその一つです。昨今では、記憶に新しいラグビーワールドカップ日本大会記念や天皇陛下御即位記念の1万円金貨などの貨幣も発行されました。

記念貨幣の製造は、通常の貨幣を製造している造幣局が製造し発行しています。行事や事業の記念として貨幣の発行がふさわしいかどうかを閣議でその都度話し合い決定されます。
記念貨幣はメダルなどではなく造幣局が製造発行している法定通貨であり、額面に書かれた金額での使用が可能です。ですが、多くの場合は記念として保管する場合が多いでしょう。過去には記念貨幣の収集が注目された時代があり、コインコレクターとして収集して保管する人や、人気のある記念貨幣は価値が上がるため投機目的で購入された方も多く居られました。

1964年から始まった記念硬貨の歴史

記念貨幣はこれまでにさまざまな種類が販売されています。日本で発行された最初の記念貨幣は1964年の東京オリンピックの硬貨です。戦後の復興を遂げた日本悲願の国際的ビッグイベント開催ということで、これ以上ないほどの鳴り物入りで記念硬貨が発売されたわけです。千円銀貨が1500万枚、百円銀貨が8000万枚の発行でしたが、銀行には千円銀貨を買い求める人たちの長蛇の列が並び、中には徹夜組が出るほどの熱狂ぶりだったようです。では、記念硬貨に初めて金が使われるようになったのはいつからでしょうか。

1964年の東京オリンピックの記念硬貨の登場から22年後の1986年に、日本初の記念金貨が発行されました。天皇としての在位期間が最長である昭和天皇の「天皇陛下御在位六十年」を祝した記念の金貨です。キリの良い在位五十年のときの記念硬貨が百円白銅貨で7000万枚が発行されました。白銅とは銅75に対してニッケル25を混ぜたものです。その10年後に初めて「天皇陛下御在位六十年記念十万円金貨」が発行されたのです。金100%の紛うことなき純金製です。1986年には1000万枚が発行され、翌年の1987年に100万枚が追加発行されています。

その後は、天皇陛下即位記念、皇太子殿下御成婚記念、長野オリンピック開催記念、2005年愛・地球博開催記念、天皇陛下在位十年、二十年などの節目に純金製の金貨が発行されています。このように、記念金貨は世界的な大きな国際イベントの開催か、日本の皇室の節目の慶事以外では発行されていません。

近年は金貨の販売に抽選方式を採用するなど、欲しくても購入できないこともあります。基本的には発行枚数が少なければ希少価値が高くなるのですが、日本の記念硬貨は発行枚数が多くて希少価値が持続することはありません。発売当初に多少値が上がるだけで、次第に希少価値はほぼなくなります。

ページトップに戻る

アジア初!初2カ国共同開催!2002FIFAワールドカップが日韓で開催!

サッカーのワールドカップはオリンピックと同じように4年に1回開催される、世界的なサッカーの1大イベントです。どこの国も予選の段階から勝利を祈って国を上げての熱狂的な試合が繰り広げられます。

1992年にサッカーのプロリーグ「Jリーグ」が発足して日本国内のサッカー人気が高まり、FIFAワールドカップの初出場を目指していた矢先の「ドーハの悲劇」。

1994年アメリカワールドカップ・アジア地区最終予選で、グループ1位となった日本の悲願のワールドカップ初出場は、試合終了まであとわずかのロスタイムにイラクの得点で完全に絶たれてしまいました。それまでの日本代表の快進撃に日本全体が一丸となって盛り上がり、勝利を信じて疑わなかった残りわずかのすきに同点に追いつかれ、得失点差で韓国が浮上し、日本は予選敗退が決まったのです。

その教訓を活かし1998のワールドカップフランス大会では念願の初出場を果たしたものの、予選グループリーグで3戦全敗という成績で終了。

そして、2002年のFIFAワールドカップは日韓共催で行われました。ワールドカップ初の2ヶ国での共同開催という形になり、開催国である日本と韓国は予選を免除され、決勝リーグからの出場となりました。

日本中が沸いた2002FIFAワールドカップ

大会は、日本と韓国の10ヶ所ずつで5月31日から6月30日までの1ヶ月をかけて64試合が行われました。初戦はベルギーとの引き分け、初勝利は2戦目の対ロシア戦、次のチュニジア戦も勝利して、ベスト8をかけたノックアウトステージへ進出。しかし、トルコ戦で敗れベスト16という成績で終了しました。結局、ワールドカップ5度目の優勝となるブラジルが大会を制し、本大会通算8ゴールを決めたブラジルのロナウドが得点王、準優勝のドイツのゴールキーパー、オリバー・カーンが最優秀選手に選ばれ幕を閉じました。

日頃はサッカーに興味がない人も、このワールドカップの期間中は多くの日本国民が現地のスタジアムで観戦したり、テレビの前で釘付けになって応援したりしたものです。このときの対ロシア戦では最高視聴率66.1%という驚異的な数字を叩き出し、どれだけ多くの関心を集めたかを物語っています。

「2002FIFAワールドカップ™記念貨幣」も、普段はサッカーや記念貨幣にあまり興味がなかった層でも、自国開催で盛り上がっているのでせっかくだから記念に買っておこうと思われた人もいたでしょう。18年も経っているので購入したことをすっかり忘れて、大切に保管したままの人もいるのではないでしょうか。

ページトップに戻る

2002年FIFAワールドカップ金貨が6倍の価値って本当?

そして今、あの頃購入した「2002FIFAワールドカップ™記念貨幣」の金貨がどのくらいの価値になっているか気になりませんか。というのも、金貨の額面金額は1万円ですが販売当時の新規購入は4万円でした。つまり額面の4倍の金額で購入したことになります。もしかしたら、オークションやコインショップなどで、それ以上の価格で入手した方もいらっしゃるかもしれません。はたしてどの程度の価値があるのでしょうか。

2002年の日韓ワールドカップは、日本国民のサッカー熱が高まっていた最中での自国開催ということもあり大きな注目を浴びました。サッカーのルールも知らなかった人たちでもレギュラー陣の名前と顔が一致するなど、連日テレビのニュースやワイドショーなどでも大きく取り上げられ話題となった大会でもありました。

大会公式グッズや公式ユニフォームなどと同様「2002FIFAワールドカップ™記念貨幣」にも注目が集まりました。しかし、金貨は高価なため、記念貨幣セットをコンプリートしたくても、予算の都合ですべてを揃えられなかった方もいるでしょう。あのとき買えなかった金貨をぜひ手元に置きたいという方の需要もあるようです。アジアで行われたワールドカップ初の大会でもあり、何かと注目度が高かった金貨です。

特に金貨は、日本の硬貨製造の高度な技術を結集した特殊な製造方法で作られた価値あるものです。表面に光沢を出し、図柄をくっきりと浮き出させて鮮明に見せる工夫がされた美しい硬貨です。

金貨の価値が高まっているのはそれだけではありません。昨今は世界的に金の価値そのものも高まっています。2002年当時の金の小売価格は1gあたり1200~1400円ぐらいを推移していました。金の原材料費を鑑みての価格設定とした場合、手の混んだ丁寧な製造過程を見ても4万円は妥当な価格設定だったと言えるのではないでしょうか。

金の価値は2020年8月現在、当時よりかなりの高値で推移しています。「有事の金」という言葉がありますが、世界情勢に陰りの見える頃、つまり世界的に何か大きな事件や経済不況などの有事には金の価値が高騰することを表しています。
世界的な新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、安全資産と定評のある金の需要が高まったことによるものです。8月7日にはそれまでの史上最高値を更新し、1g7,769円を記録しました。

「2002FIFAワールドカップ™記念金貨」が製造された頃の金の価値の約6倍ということもあり、定価4万円で購入した金貨の価値がどれくらいになったかとワクワクしますね。とは言っても6倍というのはあくまで金相場の話で金貨の話ではありませんし、金相場の取引価格と買取価格は異なります。
金相場価格より買取価格のほうがやや下がるものの、それでも発売当初よりはかなりの高値です。

ページトップに戻る

金や金貨の売り時は今!?

財務省造幣局は、お金を作る以外に貴金属の品位試験も行っています。造幣局が公的な第三者の立場で貴金属を分析し、金属に含まれている純度の割合を調べて証明し「ホールマーク」として、日の丸と純度を示す千分率の数字を刻印するようになったのです。それほど厳しい品質管理が徹底されている造幣局が発行する純金の金貨だからこそ品質は折り紙付きです。金貨をコレクションのために買い集める以外に、投機目的としても所有されるようになったのは、国が発行した正真正銘の純金9999が使われている安心感もあるでしょう。また、投機目的というよりも、資産価値のあるものとして子どもへ財産を残してあげたいと思う方もおられます。土地や建物などの不動産よりも所有や保管がしやすく維持費もかからず、いざとなれば売却も簡単です。

金は日本に限らず世界的に通用するものなので、安定資産として確実視されるのも当然でしょう。しかし、金は安定資産とは言っても、上限なく高値を続けるものではありません。一時的に需要があっても、いずれ必ず価格が下るときがやってきます。投資目的で記念金貨を購入した方は、今が売却のチャンスでしょう。記念で購入して奥にしまったままな方は、購入時よりも高く売却できる時点で手放してもよいかもしれません。

家族が購入した金貨を譲り受けた、記念貨幣には興味がないので現金化したいという方も、今が売り時かもしれません。せっかくなら金の価値が高値であるうちに売却するのがおすすめです。新型コロナウイルスのワクチンや特効薬が開発され、感染拡大が終焉を迎える頃には経済不況からも脱却し、一時的に高騰していた金の価値が下がる可能性があるからです。

「2002FIFAワールドカップ™記念貨幣」の存在を忘れていた方や、長く保有するつもりがない方なら、できるだけ金の価値が高い間に売却したほうが得策と言えるでしょう。

しかし、いざとなるとどこに売却すればいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。実は、売却先によっては記念金貨の価値を正しく査定してもらえないことがあるため、売却の際にはどこに買い取ってもらうかをよく吟味することが大切です。まさか外貨の両替のように銀行で換金することはないとは思いますが、その場合、額面の金額にしかならないため注意してください。また、幅広い品物を買い取っている総合リサイクルショップなどでは、金券や古銭、記念硬貨なども扱っている場合があるかもしれません。
しかし、貨幣買取の専門店でない場合、客層が違うためなかなか貨幣の需要がなければ高値で買い取ってもらえません。少しでも有利に金貨を売却したいなら、貨幣の買取実績が多く、正しい査定が可能な専門店を利用するのが賢明でしょう。

ページトップに戻る

2002FIFAワールドカップ™記念貨幣の買取は高価買取専門店金のアヒルにお任せ!

2002FIFAワールドカップ™の記念貨幣は金貨、銀貨、ニッケル黄銅貨が発行されました。なかでも額面より大きく差がついて取引されるのが記念金貨となります。
金貨は地金の価値が高いときに売却するとより高くなりますので、記念金貨という特別な金貨だからタイミングをみてというよりは金の価値が高い時の売却がおすすめです。

金貨、貴金属買取の金のアヒルでは貴金属の相場価格の限界価格へ。幅広い販路と、精通した査定により日本の記念金貨をどこよりも高くお買取りいたします。

もちろん2002FIFAワールドカップ™記念1万円金貨以外の記念金貨もお買取りいたします。気になる国内の記念金貨の価格はこちらからお探しください。

今は地金価値が高騰しています、令和2年8月金相場は過去に比べて一番高くなり高騰しておりますので2002FIFAワールドカップ™記念金貨のような日本記念金貨の売却をおすすめします。
また買取価格はお店によって違いますので、ぜひ金のアヒルの買取価格を他店と比べてください。

金のアヒルの金貨・記念硬貨買取専門サイトでチェック! 

高価買取専門店金のアヒルでは海外金貨、記念金貨、記念硬貨を高価買取いたします。プレミアのつく金貨は買取価格より別途査定価格がアップされます。お持ちの金貨はどれくらいの価格になるのか、価値が気になるかたはぜひ無料査定をご利用下さい。

ネット見積りで無料査定

LINEで無料査定

ページトップに戻る

記念硬貨や金貨、古銭などの貨幣・古紙幣の買い取りは、金のアヒルの貨幣買取専門サイトの金貨買取本舗でも同じサービスをご利用いただけます。金貨買取本舗では基本買取額の掲載も行っております。

金貨買取本舗

金貨買取本舗で価格をチェック

記念硬貨・金貨の買取品目一覧