日本の陶磁器・焼き物高価買い取り、売却方法の金言1

日本の陶磁器、l焼き物の有田焼、伊万里焼、唐津焼についてご紹介。

日本の陶磁器・焼き物の豆知識 -スーパーゴールド|金のアヒル
日本の陶磁器・焼き物の歴史

その1.有田焼

 1597~1598年の慶長の役で、鍋島軍が引き上げる際、朝鮮から日本に連れ帰った陶工、李参平(または三平。日本名は金ヶ江三兵衛)の1616年泉山陶石発見により始まったとされています。有田では、以前、先の文禄の役(1592~1593年)の際に連れてこられた朝鮮人陶工などが各地で陶器を焼いていましたが、磁器の製造を始めたのは李参平が初めてだったようです。しかし磁器が初めて焼かれたのが1616年であるという確たる証拠も残っておらず、考古学的見地からは磁器の創製は1610年代頃だろうと考えられているそうです。  山磁石鉱の発見以後、有田の窯業は数十年間で急速に発展し燃料用薪の乱伐がおこったため、1637年佐賀鍋島藩は山林保護の目的で826名の日本人陶工を追放し、大幅な陶業地の整理したという記録が山本神右衛門(のちの初代皿山代官)の年譜に残っています。この事件以降、有田における陶磁器生産は皿山代官所の厳しい管理下におかれ、磁器中心の生産体制が確立されました。「初期古伊万里」と呼ばれる素朴なものから中国風のデザインに大きく変化していったのもこの頃です。

その2.伊万里焼

 今から約400年前、豊臣秀吉の朝鮮出兵後の有田(現在の佐賀県有田町)にて磁器が焼かれるようになったのが、日本で最初だといわれています。 豊臣秀吉の命令により鍋島直茂は朝鮮半島に出兵し、その後、多くの陶工を日本へ連れ帰りました。それらの陶工たちは、有田の泉山で磁器の原料である陶石を発見、窯を築き磁器を焼いたとされています。有田周辺で作られた磁器は現在の伊万里川河口付近から船で積み出されました。そのため「伊万里焼」と呼ばれるようになったそうです。それらの伊万里焼と今現在、伊万里市内で焼かれている伊万里焼を区別するため、江戸時代に焼かれたものを「古伊万里」と呼んでいます。  伊万里焼は、寛永年間(1624~1643年)関西方面へ広まり、その後、寛文年間(1661~1671年)頃、他から伊万里へ来ていた商人たちにより江戸や関東方面へも行き渡りました。このようにして、国内への流通が盛んになり伊万里焼は日本中に広がりました。一部の裕福層だけでなく幅広い人々に伊万里焼は広がりました。今でも東北や北海道には江戸時代に焼かれた伊万里焼が数多く残っています。また、海外へも輸出されました。ヨーロッパへはまず伊万里津から長崎の出島へ送られ、その後、オランダ商館を通じて輸出されたといわれています。その頃、ヨーロッパや東南アジアへは中国の磁器が輸出されていましたが、中国の内乱のために焼き物作りができなくなってきており、それらの中国の磁器に代わって、伊万里焼が輸出されるようになりました。 当時のヨーロッパでは王族や貴族などが、神秘的な東洋への憧れから部屋を東洋の焼き物で飾ることが流行していたようです。

その3.唐津焼

 唐津は対外交易拠点であったため、安土桃山時代から陶器の技術が伝えられていたと言われ、現在も佐賀県の岸岳諸窯など至る所に窯場跡が点在しています。唐津焼は、唐津港から積み出されていたことからその名で呼ばれるようになりました。本格的に制作が始まったのは文禄・慶長の役の頃、大陸から技術が伝えられてからだとされています。唐津焼は京都、大坂などに販路を拡げ西日本では「からつもの」と言えば、一般的に焼き物のことを指すまでになりました。桃山時代には茶の湯の名品として知られており、一井戸二楽三唐津などと格付けされました。  しかし、江戸時代のはじめ窯場が林立し、その燃料となる薪の濫伐により山野の荒廃がすすみ、鍋島藩は藩内の窯場の整理と統合を断行し、窯場は有田に集約されたため、多くの窯元が取り壊されました。しかし唐津の茶器は全国でも評判が高く、茶陶を焼くための御用窯として存続しました。その間幕府の間で献上品として多数の焼き物が作られたため、献上唐津と呼ばれています。後に明治維新により藩の庇護を失った唐津焼は急速に衰退し磁器は有田の台頭もあって、多くの窯元が廃窯となりました。その後、人間国宝である中里無庵が「叩き作り」などの伝統的な古唐津の技法を復活させることにより再興に成功させました。


日本の陶磁器・焼き物の豆知識2へ ▶日本の陶磁器・焼き物の豆知識3へ ▶コレクショングッズ 買取ページへ戻る ▶高級食器 買取ページへ戻る

来店予約サービス

H+H(エイプラ)

App Store からダウンロード

Google Play で手に入れよう

簡単!便利!LINEでリアルタイム査定

インゴット高価買取中

貴金属高価買取中

インゴット分割加工サービス

お問い合わせ

悪質な訪問買取にご注意

豆知識

お役立ちコンテンツ

記念金貨【国内】

記念金貨【外国】

お客様の声

お客様の声

高価買取専門店金のアヒルについて

高価買取専門店金のアヒルは東京都内に吉祥寺店渋谷店西台店(買取・販売店)をはじめ、千葉県の船橋市内には船橋店(買取専門・郵送買取本店)にて店舗買取を致しております。
また、千葉県、東京都、関東近県の出張買取も致しております。郵送・宅配買取は全国対応です。お気軽にお問合せください。

宅配買取対応エリア

【関東 ・ 北関東地方】
  • 東京都
  • 千葉県
  • 埼玉県
  • 神奈川県
  • 山梨県
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
【関西地方】
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山
  • 県三重県
  • 滋賀県
  • 京都府
【北海道 ・ 東北地方】
  • 北海道
  • 青森県
  • 宮城県
  • 岩手県
  • 秋田県
  • 福島県
  • 山形県
【北陸 ・ 信越地方】
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 新潟県
【中部地方】
  • 愛知県
  • 長野県
  • 静岡県
  • 岐阜県
【中国 ・ 四国地方】
  • 広島県
  • 山口県
  • 徳島県
  • 愛媛県
  • 香川県
  • 高知県
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 岡山県
【九州 ・ 沖縄地方】
  • 福岡県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 鹿児島県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 沖縄県

宅配買取対応地図

宅配買取

出張買取対応エリア

出張買取対応地図

  • 千葉県
    • 船橋市
    • 千葉市(中央区・緑区・花見川区・稲毛区・若葉区・美浜区)
    • 市川市
    • 習志野市
    • 浦安市
    • 柏市
    • 松戸市
    • 四街道市
    • 八街市
    • 山武市
    • 東金市
    • 大網白里町
    • 袖ケ浦市
    • 大多喜町
    • 木更津市
    • いすみ市
    • 君津市
    • 富津市
    • 館山市
    • 銚子市
    • 我孫子市
    • 流山市
    • 八千代市
    • 鴨川市
    • 印西市
    • 南房総市
    • 匝瑳市
    • 香取市
    • 酒々井町
    • 栄町
    • 神崎町
    • 多古町
    • 東庄町
    • 九十九里町
    • 芝山町
    • 横芝光町
    • 一宮町
    • 睦沢町
    • 白子町
    • 長柄町
    • 長南町
    • 大多喜町
    • 御宿町
    • 鋸南町
    • 他、千葉県全域
  • 東京都
  • 東京都23区
    • 品川区
    • 渋谷区
    • 新宿区
    • 杉並区
    • 足立区
    • 荒川区
    • 板橋区
    • 江戸川区
    • 大田区
    • 葛飾区
    • 豊島区
    • 中野区
    • 練馬区
    • 文京区
    • 港区
    • 目黒区
    • 北区
    • 江東区
    • 墨田区
    • 世田谷区
    • 台東区
    • 中央区
    • 千代田区
  • 東京都市町村
    • 小金井市
    • 国分寺市
    • 小平市
    • 狛江市
    • 昭島市
    • あきる野市
    • 稲城市
    • 青梅市
    • 清瀬市
    • 東久留米市
    • 東村山市
    • 東大和市
    • 日野市
    • 府中市
    • 福生市
    • 町田市
    • 三鷹市
    • 武蔵野市
    • 武蔵村山市
    • 国立市
    • 立川市
    • 多摩市
    • 調布市
    • 西東京市
    • 八王子市
    • 羽村市
  • 埼玉県
    • 川口市
    • 川越市
    • 越谷市
    • さいたま市
    • 朝霞市
    • 戸田市
    • 草加市
    • 和光市
    • その他全域
  • 神奈川県
    • 鎌倉市
    • 川崎市
    • 相模原市
    • 逗子市
    • 茅ヶ崎市
    • 横須賀
    • 横浜市
    • 平塚市
    • 藤沢市
    • 三浦市
    • 葉山町
    • その他全域

その他の出張買取エリアについてはお問い合わせください。

出張買取