家電 出張買取 金のアヒルはテレビ,冷蔵庫,洗濯機,エアコン,出張訪問で家電高価買取!東京都,千葉県,神奈川県,埼玉県にて!

家電出張買取金のアヒル

0120-905-699 受付時間/10:00-22:00 不定休 通話料無料

出張買取金のアヒル♪訪問取扱い品目「エアコン」について 1

こちらの家電出張買取金のアヒルスタッフブログでは、金のアヒルの家庭用電化製品の出張買取について、日々色々なことをブログ形式でご紹介していきます。家電出張買取 金のアヒルのサービスについてや、日ごろの買取のお仕事について…買取に人気な家電製品、高額の査定に結びつくようなポイント、家電製品についての雑学などお伝え致します♪

本日は近頃よくお問合せがあり、当社取扱い品目の中でも多くの依頼をしめるエアコンの歴史について書かせて頂きます♪エアコンの歴史の最後には高価買取のポイントやお問合せ段階でお伝え頂きたいことなどを記載いたしますので、これからお引越しをされる方や、ご不要なエアコンがご家庭にある方は是非チェックしてください♪

人と空気とエアコンの歴史は、日本で初めての冷凍機「ミニフジレーター」から始まりました。

「三富士」と冷凍機の英語名であるリフリジレータを組み合わせた造語で、富士山山頂の白雪のようにさわやかな冷気を吹き込むという連想から商標の「ミフジレーター(MIFUJIRATOR)」と名付けられました。
昭和10年には、大阪の有名料亭の客室に早くも設置され、浪花っ子の話題となりました。

1936年には日本初の電車冷房を開始、翌年1937年には日本初バス内に冷房を納入しました。

ダイキンが1951年に完成させた“ミフジレーターエヤコン”は、日本で最初のパッケージ型空調機でした。
それまで工事だけでなく運転までも高度な知識と複雑な技術を必要としていたセントラル方式から、ボタン1つで運転できる革新的なパッケージ型に変わりました。

大阪市内のガスビル食堂に第1号機が展示されると、大きな話題を呼びました。

以降、このパッケージ型は業務用エアコンの主流となり、高度成長期の日本において、空前のヒット商品となりました。

まだまだ現在に至るまで本日では書ききれませんので、次の記事にて続きを書かせて頂きます♪

「このブログを読んだ」とお電話口でおっしゃって頂きますと2017年1月7日までの間期間限定で買取金額10%UPさせて頂きます♪

2017年01月15日